4都府県の宣言延長へ 愛知・福岡も追加方針

メキシコ市で高架橋が崩落 地下鉄乗客ら23人死亡

メキシコ市で4日、地下鉄の高架橋が崩落し、落下した車両=AP

 メキシコ市で3日夜、高架橋が崩落し、走っていた地下鉄が落下した。市の発表によると、これまでに23人が死亡、約50人が病院に搬送された。けが人はさらに多いとの情報もある。

 事故は3日午後10時半ごろ、メキシコ市南東部オリボス駅近くで起きた。現地メディアが報じた監視カメラの映像では、地下鉄が走行中の高架橋が突然、折れるように土煙を上げて崩れた。橋の下は交通量の多い道路で、車が下敷きになった。レスキュー隊などが救助活動を始めたが、さらに倒壊の恐れがあるとして、すぐに中止された。市が事故原因を調べている。

 事故の起きた路線は、エブラルド外相のメキシコ市長在任中に建設された。エブラルド氏はツイッターで「きょう地下鉄で起きたことは、恐ろしい悲劇だ。原因と責任はもちろん調査されなければならない」と投稿した。

 エブラルド氏は2024年の大統領選に、ロペスオブラドール大統領の後継として立候補すると目されている。一方、事故対応を指揮しているメキシコ市長のシェインバウム氏も有力候補になるとの見方が強い。事故への対応が次期大統領選に影響を与える可能性もある。(サンパウロ=岡田玄)

ジャンルで探す