韓国の李首相、即位の礼にあわせ来日 文大統領は見送り

韓国の李洛淵首相

 韓国の李洛淵(イナギョン)首相が、22日に行われる天皇陛下の即位の礼にあわせて、22~24日の日程で訪日することになった。韓国政府が13日、明らかにした。韓国側が模索した文在寅(ムンジェイン)大統領の出席は見送られる。

 李氏は韓国紙・東亜日報の元東京特派員で、国会議員時代には韓日議員連盟副会長を務めた知日派。日本の政財界やメディア関係者らに幅広い人脈を持ち、安倍晋三首相や自民党幹部らとの面談が実現する可能性がある。ただ、韓国の首相は憲法上、大統領の補佐役とされ、権限は限定的だ。李氏の訪日は、首相就任後は初めて。

 韓国側は9月に李氏の訪日をほぼ内定したが、即位の礼を日韓関係改善の契機にしたいという意見が政府内にあり、文氏の出席も検討していた。しかし、成果を上げる可能性が低いと判断し、断念したとみられる。(ソウル=武田肇)

ジャンルで探す