4都府県の宣言延長へ 愛知・福岡も追加方針

[深層NEWS]尖閣巡る日中対立「米国の態度が問題を複雑化」…寺島実郎氏

 日本総合研究所の寺島実郎会長と東京財団政策研究所の柯隆(か・りゅう)主席研究員が4日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、沖縄県の尖閣諸島などを巡る日中の対立について議論した。

 寺島氏は、米国が尖閣諸島の主権について特定の立場を取らないことを挙げ、「米国の態度が問題を複雑化している。日本は『なぜ領有権を認めないのか』と主張すべきだ」と指摘した。柯氏は、「世界の主要国と対立する中国にとって、日本は国際社会にアクセスするための突破口だ」と述べ、さらに対立を激化させることはないと分析した。

ジャンルで探す