4都府県の宣言延長へ 愛知・福岡も追加方針

ミャンマー中部の村で爆発、スー・チー氏率いる連盟の議員ら5人死亡

 【バンコク=津田知子】ミャンマーの地元メディア「ミャンマー・ナウ」など複数の地元メディアは3日、中部バゴー管内の村の住宅で爆発が起き、国軍が拘束しているアウン・サン・スー・チー氏が率いる国民民主連盟(NLD)の地方議員ら5人が死亡したと報じた。地元住民によると、小包爆弾が使用されたという。

 NLD地方議員のテ・ウィン・フライン氏のほか、国軍への協力を拒否した警察官3人と地元住民1人が死亡した。議員と警察官はクーデター後、この住民の家に隠れていたとみられる。別の警察官1人も負傷した。

ジャンルで探す