ハメネイ師、米国との交渉は「絶対にない」…核開発の継続指示

7月31日、テレビ演説するイランのハメネイ師(AP)

 【テヘラン=水野翔太】イランの最高指導者アリ・ハメネイ師は7月31日、国民向けのテレビ演説で、対立する米国との交渉は「絶対にない」と改めて強調した。

 米国は、イランへの制裁圧力を高めつつ、イランとの交渉で核やミサイル開発を厳しく制限する戦略を描く。ハメネイ師は「イランの国防能力を弱めるものだ」とこれに反発し、核開発の継続を指示した。

 イランでは、米国の独自制裁で原油収入が激減し、通貨リアルの暴落で物価が高騰している。ハメネイ師は、中国などを念頭に「強く、温かく、国際的な友人」との貿易拡大で、経済的な難局を乗り切ると主張した。

ジャンルで探す