新型コロナで死亡の遺体、墓地や病院から強奪相次ぐ…インドネシア

 【ジャカルタ=一言剛之】インドネシアで、新型コロナウイルスの感染症で死亡した患者の遺族らが、墓地や病院から遺体を強引に取り返そうとする事例が相次いでいる。政府は感染防止策として遺体をラップでくるみ、ひつぎに入れて埋葬するよう指示しているが、ひつぎを使う慣習のないイスラム教徒が反発しているためだ。

 大手紙コンパスによると、カリマンタン島パランカラヤの共同墓地で7月21日、遺体をひつぎに納めて埋葬しようとした職員4人が興奮した親族らに襲われ、警察官が出動する騒ぎになった。遺族らが遺体を掘り返したり、搬送車を取り囲んで遺体を奪ったりする事例も報告されている。イスラム教徒の間では、遺体を布で包み、そのまま土葬するのが一般的だからだ。

 続発するトラブルを受け、イスラム教の指導者は政府の対応を支持する声明を発表し、ジョコ・ウィドド大統領は「遺体を強奪するようなことがあってはならない」と訴えた。警察当局は、埋葬に従わない人は逮捕する可能性もあると警告している。

ジャンルで探す