露に連行の根室漁船、エイが未申告…当局が発表

 【モスクワ=田村雄】ロシア極東サハリン州の国境警備を担当する露連邦保安局(FSB)は16日、日本漁船の第68翔洋(しょうよう)丸の操業日誌に、エイ714キロ・グラムの記載がなかったと発表した。

 第68翔洋丸は、北海道根室市の歯舞漁協に所属。15日夕、漁協から道に「ロシア当局に連行された」との連絡が入っていた。

 FSBは同日、インターファクス通信に対し、第68翔洋丸の船内から「申告されていない水産物」が見つかり、国後島・古釜布(ふるかまっぷ)へ連行したと認めていた。

ジャンルで探す