武装集団、中村医師に狙い定め計画か…警備員を先に銃撃

4日、銃撃された日本人医師の中村哲さんを乗せていた車の窓は大きく割れていた(アフガニスタン東部ジャララバードで、ロイター)

 アフガニスタン東部ジャララバードで4日、日本人医師で民間活動団体(NGO)「ペシャワール会」現地代表の中村哲さん(73)が殺害された事件で、中村さんを乗せた車を襲った武装集団が警備員を先に銃撃し、その後に運転手と中村さんを撃った可能性があることが、目撃者への取材で分かった。武装集団が中村さんに狙いを定め、警護のない状態で銃撃できるよう計画を練って犯行に及んだものとみられる。

 事件を目撃した住民は、「男たちは警備員を撃った後、日本人と運転手を攻撃した。男たちが去った後に車内を見ると、日本人を除いて全員が死亡していた」と話した。地元当局などによると、事件は4日午前8時頃に発生し、警備員と運転手ら5人が死亡、中村さんもヘリなどで移送される途中で死亡した。

 ペシャワール会によると、中村さんは毎日午前7時~8時頃に宿舎を出発し、中村さんを乗せた車を、警備員を乗せた車が前後から挟む形で移動しているという。事件当日は農業支援の現場に向かっていたが、詳しい状況は明らかになっていない。

 アフガンを含め各国のメディアは4日、事件を大きく取り上げ、中村さんの功績も伝えた。アフガンの有力放送局トロ(電子版)は、「(ジャララバードが州都である)ナンガルハル州の全ての住民は、中村医師の死を嘆き、彼が長年人々を支えてくれたことに感謝している」とする州知事の話を伝えた。英BBC(電子版)も「アフガン人の生活の改善に生涯をささげた日本人医師が亡くなった」と報じた。(テヘラン支局 水野翔太)

ジャンルで探す