日本海北西部で米が航行の自由作戦…露をけん制

 【ワシントン=海谷道隆】米太平洋艦隊は5日、米海軍のミサイル駆逐艦「マッキャンベル」が、ロシアが一方的に主権を主張する日本海北西部のピョートル大帝湾の周辺海域で、「航行の自由作戦」を実施したと明らかにした。ウクライナ艦艇を拿捕(だほ)したロシアをけん制する狙いが込められている。

 米CNNテレビによると、米海軍がこの海域で「航行の自由作戦」を実施するのは冷戦期の1987年以来となる。太平洋艦隊は声明で「ロシアによる過大な海洋上の主張に挑戦し、米国や他国が享受すべき海洋での権利、自由、合法的な利用を確認するため」と説明している。

 米露間では、米国が国際法違反と批判する拿捕事件や、トランプ氏が破棄を表明した米露間の中距離核戦力(INF)全廃条約を巡り緊張が高まっている。

ジャンルで探す