「操縦ロケット砲弾の開発に成功」北朝鮮が発表

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は12日、国防科学院が「操縦ロケット砲弾と弾道操縦システムを新しく開発することに成功した」と伝えた。

飛行軌道を変える誘導機能を備えた240ミリロケット砲弾を開発し、多連装発射システムからの試射を11日に実施したという。

同通信は「240ミリ操縦ロケット砲弾と弾道操縦システムの開発は、わが軍隊のロケット砲力量を質的に変化させる」などとしている。

ジャンルで探す