北朝鮮「鉄道機動ミサイル連隊」が射撃訓練…日本のEEZに落下か

北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員の朴正天(パク・チョンチョン)書記が15日、鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練を指導した。朝鮮中央通信が16日付で伝えた。

訓練で打ち上げられたのは、日本海に向けて発射した弾道ミサイル2発と見られる。いずれも日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したとの推定結果を日本政府は明らかにした。

党中央委員会の軍政指導部と軍需工業部の活動家、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)総参謀部と国防科学研究部門の指導幹部が、鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練を参観した。

同通信は、「鉄道機動ミサイル連隊は、鉄道機動ミサイルシステムの運営規範と行動順次に従って迅速機動および展開を終え、受けた火力任務に従って朝鮮東海上の800キロメートル水域に設定された標的を正確に打撃した」と伝えた。

また、「今後、短期間内に鉄道機動ミサイル連隊の実戦運営経験を積み、鉄道機動ミサイル旅団に拡大、改編することに関する問題も具体的に協議した」としながら、ミサイルの発射実験を継続していく姿勢を明らかにした。

朴正天氏は「わが党の第8回大会が示した軍隊近代化路線と方針に従って鉄道機動ミサイルシステムを実戦に導入したのは国の戦争抑止力の強化において極めて大きな意義を持つ」と高く評価したという。

ジャンルで探す