韓国騒然 チョ・グク追い詰めた検事総長に、文政権があからさまな“虐殺”人事

「歴史は巡るといいますが、この人事は尹錫悦検事総長に引導を渡したと言っているようなもの。ここまで露骨な人事は前代未聞です」(中道系紙記者)

【画像】長身が目立つ曺国(チョ・グク)前民情首席秘書官

 1月8日、秋美愛法相が発表した検察庁幹部の新人事を巡り、韓国世論はまたまっぷたつ、騒然となっている。

尹錫悦検事総長 ©時事通信社

検察の捜査を怖れ、あからさまな人事異動を強行

 保守系メディアはトップで、「文政権捜査する『尹錫悦師団』大虐殺」(朝鮮日報、1月9日)「文政権、尹錫悦の手足を切り、親文(文政権寄り)配置、検察大虐殺」(中央日報、同)と激しく非難。進歩系メディアも、「尹錫悦師団総入れ替え、公正捜査の原則が揺れることのないよう」(京郷新聞、同)「検察の破格人事注目、公正な捜査は保証されなければ」(ハンギョレ、同)と文政権を諫めた。

 秋法相就任による新たな人事異動で済州島、釜山などの地方に左遷されたのは、いずれも「尹検事総長師団」と呼ばれた尹検事総長の右腕ばかり。前出記者によれば、後任は、「曺国前法相に近い人物で占められた」という。

 検察庁の人事は通常、法相や検事総長などが参席する検察人事委員会にはかられる。しかし、尹検事総長はこれを欠席。すると、秋法相をはじめ、与党はこれを「抗命」(命令に抵抗した)だとして、尹検事総長の懲戒処分を口にした。前出記者は言う。

「検察人事委員会開催の30分程前に尹検事総長を呼んだともいわれています。そもそも、検察人事委員会に出席しないだけで懲戒処分というのは前代未聞の話。しかも、今回の人事は尹検事総長の更迭までを狙ったもので、尹検事総長が現在進めている事件をうやむやにする目的であることは明らかです。それにしても、ここまであからさまな人事異動を強行した青瓦台と与党がなぜこんなにも検察の捜査を怖れるのか、そこに注目が集まっています」

「尹検事総長師団」が捜査した、あるいは現在捜査中の事件は、すでに裁判が始まった曺国前法相一家関連疑惑や釜山市経済副市長の収賄を青瓦台が把握しながらもこれをもみ消したという疑惑、さらに2018年6月に行われた蔚山市長選挙への青瓦台介入疑惑と、いずれも青瓦台絡みだ。

「私は人に忠誠を誓わない」

 一方、“大虐殺”といわれた人事にも関わらず当の尹検事総長は淡々と捜査を進めており、人事発表があった翌々日にも青瓦台の家宅捜索を指示した。もっとも、これは青瓦台が拒否し、これについても青瓦台、さらには文大統領へも非難の矛先が向いている。

 曺国前法相を追い込んだことで2019年の“顔”ともいわれた尹検事総長の名が広く知られるようになったのは朴槿恵前大統領時代の2013年だ。

 前年12年に行われた大統領選挙で国家情報院が「ツイッター」を使い、特定の政党を支持、または批判するなどして世論を操作しようとしたことが発覚。この捜査の指揮を執ったのが尹検事総長(当時特別捜査チーム長)だった。しかし、雑誌記者によると、「捜査過程で『ゆっくりやれ』という上層部の指示に反し、捜査を進行したため」、「捜査過程で上への報告が漏れた」などの理由から1カ月の停職処分に。

 その後、当時の国務総理・黄教安現自由韓国党代表と当時のソウル地方中央検察庁長から捜査へ圧力があったことを国政監査の席で暴露し、大邱に飛ばされた。その席で言い放った「私は人に忠誠を誓わない」という言葉は今でも語り草となっている。

 2016年秋に崔順実氏による「国政介入事件」が起きると、特別捜査チーム長として呼び戻され、第一線に復帰した。文在寅政権では、朴槿恵政権を追い詰めた“功”が認められて、ごぼう抜きでソウル中央地方検察庁検事正に異例の抜擢。そして、文大統領が推し進めた「積弊清算」では朴前大統領周辺を次々と起訴に持ち込んだとして、昨年7月には検察トップのソウル検事総長に任命された。

 しかし、「文政権は、尹検事総長が朴前政権を追い詰めたことで、自分たちの側だと勘違いしたわけです」と別の中道系紙記者は言う。記者が続ける。

捜査の手をゆるめない尹検事総長に政権は慌てた

「曺国前法相の捜査の際は、メディア側も捜査が単なるパフォーマンスなのか、それとも捜査をきちんと進めようとしているのか、見極めるのに時間がかかりました。捜査の手をゆるめない尹検事総長にどうも本気で捜査しようとしているようだとなり、当初は様子見だった政権も慌てた。

 結局、曺国前法相は辞任しましたが、その後明らかになった、釜山市の経済副市長の特別監察もみ消し疑惑は、曺国前法相が青瓦台の民情首席秘書官だった時代に起きた。また、蔚山市長選挙への介入は昨年8月に青瓦台を去った任鍾晳青瓦台秘書室長が絡んでいる可能性が浮上している。実は、現在の蔚山市長と文大統領は人権弁護士時代からの旧知の仲で、文大統領も蔚山市長選挙への介入に関与しているのではないかという噂が出回っています。

 なりふり構わず尹検事総長を潰しにかかっているのを見ると、政権を揺るがすような爆弾が隠されているのではないかとする見方も出始めています」

 特別監察というのは、青瓦台の民情首席秘書室傘下にある「特別監察班」が公職員の不正・汚職などを監察すること。李淵洛前国務総理は尹検事総長の特別監察まで指示したとされ、野党や検察内部から痛烈な批判が上がっている。

 しかし、こんな状況下でも文大統領は1月14日の新年の記者会見で、「曺国前法相の検察改革への寄与は大きい」とし「つらく苦しい思いをさせて借りができたように思っている」と話すなど曺国前法相をかばう発言に終始。尹検事総長については「人事に反発した」として強く批判し、また、その人事については、「法相と大統領の人事権は尊重されるべき」と話した。

「人気」はうなぎ登り

 年明けから、4月に行われる総選挙への動きが本格化してきたが、釜山市、蔚山市捜査いかんでは与党に打撃となる可能性がある。奇しくも、釜山、蔚山市はもともと保守陣営が強い地盤。中道層の動きにも関心が高まっている。

 朴槿恵前政権時代は保守派から叩かれていたのが、今度は進歩派から疎まれる存在に。検事総長の任期は2年が保証されているが、尹検事総長の去就はいかに。

「人に忠誠を誓わない」尹検事総長の「人気」のほうはうなぎ登りで、次期大統領にという声も上がっている。

(菅野 朋子)

ジャンルで探す