新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

中国、カナダ下院のウイグル動議に「内政干渉」と反発 対抗措置示唆

 【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は23日の記者会見で、カナダ下院が新疆ウイグル自治区でウイグル族らにジェノサイド(民族大量虐殺)を行っているとして中国当局を批判する動議を採択したことに対し、「中国の内政に干渉するものであり厳しく非難し、断固反対する」と反発した。既にカナダ側に厳重な申し入れを行ったことを明らかにした。
 下院動議が来年の北京冬季五輪の開催地を他国に変更するよう国際オリンピック委員会(IOC)に働きかけるよう政府に求めたことについても、「公然とスポーツを政治化し、五輪憲章の精神に完全に違反している」と非難した。その上で、「中国の利益を損なういかなる行動に対しても、必ず断固たる反応をとる」と述べ、カナダに対抗措置をとることを示唆した。
 中国とカナダの関係をめぐっては、カナダが2018年12月、米当局の要請に応じて中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長の孟晩舟(もう・ばんしゅう)被告を拘束した=現在保釈中=のに対し、中国政府が「米国の共犯者」と猛反発していた。

ジャンルで探す