【激動・朝鮮半島】北朝鮮が韓国記者団の名簿受け取り拒否 豊渓里の核実験場廃棄式典

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮が、23~25日に行う北東部豊渓里(プンゲリ)の核実験場廃棄の式典に「現地取材を許可する用意がある」としていた韓国記者団の名簿受け取りを拒否した。韓国統一省が18日、明らかにした。
 韓国政府は同日、軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)の連絡ルートを通じ、名簿の通知を試みたが、北朝鮮側は受け取らなかったという。
 北朝鮮外務省は12日に核実験場廃棄の日程を発表した際に、中国、ロシア、米国、英国、韓国から訪れる記者に限定し、取材を許可する方針を明らかにしていた。また、北京から東部の元山(ウォンサン)へのチャーター便を準備するなど、「国際記者団」の取材の便宜を図ることも明言していた。韓国以外の国からの記者が拒否されたかは不明だ。
 北朝鮮は16日に板門店で行うことで合意していた南北閣僚級会談を、今月11日から行われている定例の米韓共同訓練「マックス・サンダー」を理由に、会談当日になって無期延期とするよう韓国側に通知した。また、同じ日に金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官の談話で「米国の一方的な核放棄強要」に反発し、米朝首脳会談の中止も示唆した。
 北朝鮮の祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長は17日、閣僚級会談を中止させた重大な事態が解決されない限り韓国との対話再開は難しい、との立場を強調。事実上、米韓訓練中止などを南北対話の条件とした。
 記者団受け入れ拒否は、米国との間に立つ韓国への揺さぶりの延長とみられる。

ジャンルで探す