トランプ大統領、2月の公式訪英中止 理由は「オバマが…」

 【ロンドン=岡部伸】英BBC放送などは12日、トランプ米大統領が2月に予定していた国賓としての英国訪問をキャンセルしたと報じた。ロンドンの中心部メイフェアからテムズ川南岸ボクソールに移転する在英米国大使館の開所式に合わせて訪問する計画だったが、トランプ氏は「オバマ前政権がロンドンで最も立地が良く立派な大使館をつまらない額で売却し12億ドルで移転するのは不快だ」とツイッターで理由を述べた。
 英ガーディアン紙によると、トランプ氏訪英に反対する抗議デモを敬遠したことも理由に挙げた。開所式ではティラーソン国務長官がテープカットを行う。
 メイ首相が昨年1月に訪米した際、トランプ氏に対し、エリザベス女王の招待による国賓待遇の公式訪問を打診。米側は受け入れたが、英国内で中止を求めるオンライン請願の署名が1日で100万人を超えるなど反対が広がった。
 ジョンソン駐英米国大使によると、トランプ氏はスイスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席後、開所式に合わせて2月に訪英する計画を進めていた。BBC放送は、公式訪英は今年後半まで延期されると伝えた。

ジャンルで探す