イスラエル、非常事態宣言を検討 新変異株で

[エルサレム 26日 ロイター] - イスラエルのベネット首相は26日、南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が見つかったことを受けて、専門家と対応を協議した。

同首相は、新たな変異株はデルタ株よりも感染力が強いと発言。首相官邸によると「われわれは現在、非常事態宣言の瀬戸際にある。迅速かつ強力に今行動するというのが大原則だ」と表明した。

イスラエルでは、マラウイからの帰国者1人が新たな変異株に感染したと報告されている。

政府は25日、アフリカ南部への渡航を禁止すると発表。アフリカ南部からの外国人の入国も禁止する。

ジャンルで探す