4都府県の宣言延長へ 愛知・福岡も追加方針

マスク無しで屋外の会食など可能に、ワクチン完了なら 米当局が新指針

4月27日、米疾病対策センター(CDC)は新型コロナウイルスを巡る指針を改定し、ワクチン接種を完了した人はマスクを着用せず、散歩などの一部の屋外活動を安全に行えるとの認識を示した。屋外であれば、友人との飲食や小規模な集まりも可能とした。写真は3月29日、ニューヨーク市内で撮影(2021年 ロイター/Shannon Stapleton)

[27日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)は27日、新型コロナウイルスを巡る指針を改定し、ワクチン接種を完了した人はマスクを着用せず、散歩などの一部の屋外活動を安全に行えるとの認識を示した。屋外であれば、友人など複数の人との飲食や小規模な集まりも可能となる。

同時に、スポーツイベントなどの屋外での大規模な集まりや、美容・理容室、映画館、ショッピングモールや礼拝施設などの屋内では引き続きマスクを着用するよう提言した。

バイデン大統領は「全ての人のおかげでわれわれは素晴らしい進展を遂げた」とし、ワクチンの普及は進み、感染者数が「大幅に減少」しているほか、高齢者の死亡率も80%低下したと強調した。

CDCは「ワクチン接種を完了した人がパンデミック(世界的大流行)によって中断されていた活動の再開に向けた初めの一歩になる」とした。

米国ではこれまでに成人の半分以上が少なくとも1回のワクチン接種を受けている。ロイターの集計によると、米国では先週の新型コロナ感染者数は前週比16%減と、2月以来の大幅な減少となった。

新指針の下、ワクチンを済ませていない人も、ワクチンを完了している人と一緒であれば、屋外の小規模な集まりに安全に参加できるようになる。

バイデン大統領はまた、新型コロナ感染が深刻化しているインドや他国にワクチンを供給する見通しとしつつも、時期や規模などを巡り協議が続いているとした。米国は支援を必要としている国と「ワクチンやノウハウを共有することが可能と考えており、そうできると期待している」と述べた。

*カテゴリーを追加して再送します。

ジャンルで探す