緊急事態宣言 11都府県に発令中

中国、コロナ感染者が10カ月強ぶり大幅増 昨年5月以来の死者も

 1月14日、 中国国家衛生健康委員会によると、中国本土で13日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は138人に達した。コロナの調査のため武漢に到着したWHOの調査団(2021年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 14日 ロイター] - 中国国家衛生健康委員会によると、中国本土で13日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は138人に達した。前日の115人から増加し、1日としては昨年3月5日以来10カ月強ぶりの大幅増となった。

今回は死者も1人新たに確認された。死者が報告されたのは昨年5月半ば以来初めて。

感染者は北東部に集中。13日に確認された国内感染者124人をみると、内訳は河北省が81人、黒竜江省が43人。黒竜江省は前日からほぼ3倍増となった。両省が感染拡大抑制に努める中、既に2800万人以上がロックダウン(都市封鎖)措置下に置かれている。

一方、中国が確認された症例に分類していない無症状感染者の数は78人で、前日の38人から増加した。

これまでに本土で確認されている感染者は累計8万7844人、死者は4635人となった。

<WHO調査団が武漢入り>

また、14日には世界保健機関(WHO)率いる専門家チームが武漢入り。武漢では2019年遅く、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が初めて発生。同チームは2週間の隔離期間を含め、約1カ月滞在し、新型コロナの発生源を調査する。

ジャンルで探す