イラン、ウクライナでブラックボックス解析も 調査官が近く訪問

[キエフ 13日 ロイター] - ウクライナのダニロフ国家安全保障・国防会議書記は13日、イランの調査員幹部が数日内にウクライナを訪れ、先週墜落したウクライナ機のブラックボックス解析にウクライナの研究所が利用可能かを判断すると述べた。

ロイターとのインタビューで、ブラックボックスが解析される場所の最終的な決定権はイランにあると語った。

イランのウクライナ大使館は当初、エンジンの故障が墜落原因との声明を発表していたが、その後、原因は不明との見方に一転。これについて、ダニロフ氏はイランが撃墜したとの声明をすぐに出さなかったのは、事故現場へのアクセスを確保するためと説明した。

ジャンルで探す