新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

断崖沿いの墓地崩壊、棺200基が海に落下か イタリア

上から見た崖の崩壊/Press office of the Region of Liguria

 イタリア北西部ジェノバ近郊の町カモグリの海岸で22日、崖が崩落し、その上に設けられた墓地から多数の棺(ひつぎ)が海に落下した。

 カモグリのオリバリ市長は「想像を絶する大惨事」だと述べた。墓地は100年以上前に開設された。

 地元当局者によると、約200基の棺が海に落ちたとみられるが、回収されたのは10基のみ。残りの回収は今後数日間の海上の様子にかかっているという。

 同当局者によると、ジェノバの港湾当局は棺が外洋へ流れ出ないよう、22日夜から墓地の下の沿岸部を封鎖した。

 オリバリ氏がCNNに語ったところによれば、現場付近の崖は崩れやすく、保全作業が進められていた。20日に岩の亀裂が見つかったため作業は中止し、墓地を閉鎖していた。

 当局の要請を受けて、近隣から専門家チームが派遣された。小型無人機(ドローン)を使って被害状況を調べ、今後さらに崩落の恐れがあるかどうかを判断する。

 オリバリ氏は「今回のような崩落は察知したり、予想したりするのが非常に難しい」と話している。

ジャンルで探す