女性のサッカー観戦、40年ぶり解禁 割り当てチケット即時完売 イラン

 イランの国立アザディスタジアムで10日に行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)予選の対カンボジア戦で、40年ぶりに女性の入場が正式に認められる。

 報道によると、女性の観客に割り当てられたチケット3500枚は1時間以内に売り切れ、追加で1100枚が売り出された。

 サッカーに詳しい作家のジェームズ・モンタギュー氏は、「イランのサッカー界にとっても、つかまって刑務所に送られる危険を冒しながらも抗議を続けてきたイラン人女性にとっても、大きな歴史的瞬間」と位置付ける。

 女性のスポーツ競技場への入場を禁止する措置は、1979年のイスラム革命後に導入された。これに対して国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長が「容認できない」と発言、2022年W杯に向けた予選では、禁止を解除するよう促していた。

 イランのファルス通信によると、女性用の座席は男性とは切り離された区画に設置され、女性警官150人あまりが目を光らせる。ソーシャルメディアには、女性専用区画の周りにフェンスが設置されている写真が投稿された。

 10日の試合で女性ファンの観戦が認められたことは1歩前進といえそうだが、人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチは女性の観戦者に4600人という上限があることについて、見せかけだけの差別的な措置だとして批判、女性差別を禁じたFIFAの規定に違反すると指摘している。

 イランでは、サッカースタジアムに男装して入ろうとしたところを見つかって拘束され、罪に問われた女性が、9月にテヘランの裁判所に出廷した際にガソリンをかぶって焼身自殺を図り、同月9日に死亡していた。

ジャンルで探す