Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の販売がアメリカで再び禁止に、しかしAppleは血中酸素濃度測定機能を削除して販売を継続予定

Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の販売がアメリカで再び禁止に、しかしAppleは血中酸素濃度測定機能を削除して販売を継続予定 - 画像


Appleが開発するスマートウォッチのApple Watchシリーズには、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定できる血中酸素濃度測定機能が搭載されています。しかし、この血中酸素測定機能がアメリカのカリフォルニア州に拠点を置く医療機器メーカー・Masimoの特許を侵害していると指摘されており、Appleは2023年に発売したApple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の販売停止命令を受けていました。この件についてAppleは控訴期間中の販売禁止措置を一時停止するよう求めており、12月27日には販売再開が認められましたが、控訴裁判所がこの申し立てを却下したため2024年1月18日から再びApple Watch Series 9/Ultra 2が販売停止になったとのことです。
Apple Watch Series 9 and Ultra 2 sales ban resumes tomorrow, appeals court rules - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2024/01/17/apple-watch-series-9-ultra-2-ban-part-two/

Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の販売がアメリカで再び禁止に、しかしAppleは血中酸素濃度測定機能を削除して販売を継続予定 - 画像


Apple again banned from selling watches in U.S. with blood oxygen sensor
https://www.cnbc.com/2024/01/17/apple-again-banned-from-selling-watches-in-us-with-blood-oxygen-sensor.html
Apple (AAPL) Must Stop Selling Watches With Blood Oxygen Feature - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2024-01-17/apple-must-stop-selling-watches-with-blood-oxygen-feature
Appleが開発するスマートウォッチのApple Watch Series 6以降のモデルには、手首の血管に照射したLEDの反射光を読み取り、血中の酸素濃度を測定できる血中酸素濃度測定機能が搭載されています。
「Apple Watch Series 6」で血中酸素濃度を測定できる「血中酸素ウェルネスアプリ」の使い方まとめ - GIGAZINE

Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の販売がアメリカで再び禁止に、しかしAppleは血中酸素濃度測定機能を削除して販売を継続予定 - 画像


ところが2021年、医療機器メーカーのMasimoが「Apple Watch Series 6以降のモデルに搭載されている血中酸素濃度測定機能がMasimoの特許を侵害している」として訴訟を起こしました。2023年10月にはアメリカ国際貿易委員会(ITC)がMasimoの主張を認め、Appleに対して「この機能を取り除かない限り、アメリカへの輸入を禁止する」との排除命令を下しました。
AppleはICTの命令に従う形で、Apple Watch Series 9/Ultra 2の販売を公式ウェブストアで2023年12月21日から、アメリカ国内の公式小売店舗で12月24日から停止しました。
その後、Appleは裁判所に輸入禁止命令の延期を訴え、これが認められたことからApple Watch Series 9/Ultra 2の公式販売を再開しました。販売再開が認められたのは、Appleが提出したApple Watchの変更案が特許問題を回避できるかどうかをアメリカの国税関国境警備局が裁定するまでの間です。
そして連邦巡回控訴裁判所は1月17日に、控訴期間中の禁止措置を一時停止することを求めたAppleの要求を却下しました。これにより、アメリカ国内におけるApple Watch Series 9/Ultra 2の公式販売は1月18日から再び禁止されます。
MasimoのCEOであるジョー・キアニ氏は声明で、「最大かつ最強の企業であっても、アメリカの発明家の知的権利を尊重しなくてはならず、他社の特許を侵害した場合はその結果に対処する必要があります」と述べ、一連の動きはアメリカの特許制度の完全性を示すものだと主張しました。
すでにAppleは、問題となっている血中酸素濃度測定機能をApple Watch Series 9/Ultra 2から削除するソフトウェアの再設計案を提出しています。
Apple Watch Series 9/Ultra 2から血中酸素測定機能が削除される、特許侵害による輸入禁止を回避するため - GIGAZINE

Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の販売がアメリカで再び禁止に、しかしAppleは血中酸素濃度測定機能を削除して販売を継続予定 - 画像


Masimoの特許を侵害しない再設計案は国税関国境警備局からも承認を得ており、Appleはアップデートで血中酸素濃度測定機能を削除したApple Watch Series 9/Ultra 2の販売を、現地時間の1月18日からオンラインと実店舗の両方で開始するとのことです。
Apple says it will begin selling Apple Watch Series 9 and Ultra 2 without the blood oxygen feature tomorrow - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2024/01/17/apple-watch-series-9-ultra-2-without-blood-oxygen-sensor/
Appleはテクノロジー系メディアの9to5Macに対し、「Appleの控訴は継続中であり、アメリカ連邦巡回控訴裁判所はITCの決定を覆すべきであると考えています。私たちは、ITCの決定とそれに伴う命令に強く反対します。控訴審が行われるまでの間、Appleは顧客がApple Watchを最小限の混乱で利用できるようにしつつ、判決を順守するための措置を講じています」とコメントしました。

ジャンルで探す