データ転送速度が13%向上した世界最速のモバイルDRAM「LPDDR5T」をSK hynixが開発

データ転送速度が13%向上した世界最速のモバイルDRAM「LPDDR5T」をSK hynixが開発 - 画像


大手半導体メーカーのSK hynixが、LPDDR5メモリの新しいバリエーションとして「LPDDR5T(Low-Power Double Data Rate 5 Turbo)」と呼ばれる技術を発表しました。LPDDR5Tは、LPDDR5タイプのメモリのクロック速度をさらに向上させるもので、SK hynixは、LPDDR5Tの1ピン当たりのデータレートが前世代であるLPDDR5Xの8.5Gbpsよりも13%速い9.6Gbpsを実現すると宣言しています。
SK hynix Develops World's Fastest Mobile DRAM LPDDR5T | SK hynix Newsroom
https://news.skhynix.com/sk-hynix-develops-worlds-fastest-mobile-dram-lpddr5t/
SK hynix Intros LPDDR5T Memory: Low Power RAM at up to 9.6Gbps
https://www.anandtech.com/show/18730/sk-hynix-intros-lpddr5t-memory-low-power-ram-at-up-to-96gbps
記事作成時点では、LPDDR5Tメモリの技術的詳細の多くが明かされていませんが、「LPDDR5TがLPDDR5Xと同じ電圧で動作する」「VDD電圧範囲が1.01V~1.12V(公称1.05v)である」「VDDQが0.5Vとなる」ということが発表されています。
それに加えて、LPDDR5Tのデータレートは最大で9.6Gbps/pinとなり、64bitパーツでは76.8GB/秒のデータレートとなります。これは、フルHDの映画を1秒間に15本転送することに相当します。
SK hynixによれば、LPDDR5Tの量産を2023年下半期に開始する予定だとのこと。生産開始時期や顧客が導入する時期にもよりますが、早ければ2023年末にはLPDDR5Tが市場に出回る可能性があります。

データ転送速度が13%向上した世界最速のモバイルDRAM「LPDDR5T」をSK hynixが開発 - 画像


SK hynixは「私たちは2022年11月に1ピン当たり8.5GbpsのモバイルDRAMであるLPDDR5Xが市場に投入されてからわずか2か月で、この技術を新たな限界まで押し上げました。お客様のニーズを満たすさまざまなストレージ容量の製品を提供することで、モバイルDRAM市場でのリーダーシップを確固たるものにしていきます」と述べました。
また、SK hynixは、IT業界における5Gスマートフォン市場のさらなる拡大に伴い、より高度な仕様のメモリチップの需要が高まると予測しており、この流れの中でLPDDR5T のアプリケーションがスマートフォンを超えてAIや機械学習、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)にまで拡大すると予想しています。
さらにSK hynixは「LPDDR5Tの開発により、私たちは超高性能製品に対する顧客の要求を満たしました。次世代半導体市場をリードし、ITの世界のゲームチェンジャーになるための技術開発に引き続き取り組んでいきます」と述べました。

ジャンルで探す