M2チップ搭載の「256GB Mac mini」は前世代よりチップが少ないのでSSDの速度が遅いことが判明、M2 Pro搭載の512GB MacBook Proも低速化

M2チップ搭載の「256GB Mac mini」は前世代よりチップが少ないのでSSDの速度が遅いことが判明、M2 Pro搭載の512GB MacBook Proも低速化 - 画像


M2チップと256GBのストレージを搭載したMac mini(2023)は、M1チップと256GBのストレージを搭載した前モデルよりSSD用のNANDチップが少なく、これにより読み書き速度が遅くなることが分かりました。また同様に、M2 Proチップを搭載した512GB MacBook Proも前世代よりSSDが低速になることが指摘されています。
New 256GB Mac Mini and 512GB MacBook Pro Have Slower SSD Speeds Than Previous Models - MacRumors
https://www.macrumors.com/2023/01/24/m2-mac-mini-256gb-slower-ssd/
2023 MacBook Pro has slower 512GB SSD than the M1
https://9to5mac.com/2023/01/24/macbook-pro-ssd-performance-drop/
今回、256GB Mac miniのSSDが低速になることが取り沙汰された切っ掛けは、YouTubeチャンネルのBrandon Geekabitが公開した分解動画です。
M2 Mac Mini Teardown / Disassembly (4K - Up Close) - YouTube

動画の再生開始から7分12秒が経過した部分を見ると、Mac miniに搭載されているM2チップを見ることができます。

M2チップ搭載の「256GB Mac mini」は前世代よりチップが少ないのでSSDの速度が遅いことが判明、M2 Pro搭載の512GB MacBook Proも低速化 - 画像


しかし、今回問題になっているのはM2チップの右上にあるパーツです。ここには横長のチップが1つと、その上に空のスロットのように見えるスペースがあります。

M2チップ搭載の「256GB Mac mini」は前世代よりチップが少ないのでSSDの速度が遅いことが判明、M2 Pro搭載の512GB MacBook Proも低速化 - 画像


この動画を取り上げたIT系ニュースサイトのMacRumorsによると、これはストレージ用のNANDチップが1つだけしか搭載されておらず、2つ搭載されていた前モデルよりSSDが低速になることを示しているとのこと。
Brandon Geekabitに続いて分解動画を公開したMax Techも、NANDチップが1つになっていることを指摘しています。
STOP! Do NOT Buy the NEW $599 M2 Mac mini.. ???? - YouTube

チップが少ないことが言及されているのは、動画の再生開始から2分43秒が経過したあたりです。

M2チップ搭載の「256GB Mac mini」は前世代よりチップが少ないのでSSDの速度が遅いことが判明、M2 Pro搭載の512GB MacBook Proも低速化 - 画像


チップを拡大したのが以下。

M2チップ搭載の「256GB Mac mini」は前世代よりチップが少ないのでSSDの速度が遅いことが判明、M2 Pro搭載の512GB MacBook Proも低速化 - 画像


実際にBlackmagic Disk Speed Testというアプリでベンチマークテストを行った結果でも、256GB Mac miniの読み込み速度と書き込み速度がそれぞれ毎秒約1500MBで、前モデルより30~50%遅いことが確かめられています。
この点からMacRumorsは「最速のSSD速度を求めるユーザーがM2 Mac miniを買うのであれば、少なくとも512GBのストレージ構成を選ぶことをお勧めします。SSDの速度が遅いとファイル転送速度が影響を受けるほか、物理RAMが全て使用されている時にMacが一時的にSSDを仮想メモリとして使用することもあるので、全体的なパフォーマンスが若干低下する可能性があります」とコメントしました。
また、Apple関連のニュースを扱う9to5macは、M2 Pro搭載MacBook ProもNANDチップが1つになっていることを報じました。

M2チップ搭載の「256GB Mac mini」は前世代よりチップが少ないのでSSDの速度が遅いことが判明、M2 Pro搭載の512GB MacBook Proも低速化 - 画像


9to5macが実施したベンチマークテストでも、M2 Pro搭載の512GB MacBook Pro(左)は同じ構成の前モデル(右)よりSSDの読み書き速度が低下しているとの結果が出ました。

M2チップ搭載の「256GB Mac mini」は前世代よりチップが少ないのでSSDの速度が遅いことが判明、M2 Pro搭載の512GB MacBook Proも低速化 - 画像


9to5macによると、M2搭載MacBook Airの256GBモデルもNANDチップが1つだけなので、SSD性能に影響が出ているとのこと。
新型MacのSSD性能が前世代より低下したことについて、9to5macは「NANDチップのストレージ密度が高くなるのはいいことですが、世代間で性能が悪くなるのはいつも残念です。幸いなことに、ほとんどの人は日常的な用途ではこの影響を感じないでしょう。性能が低下したとしても、SSDの読み取り速度と書き込みは依然として非常に高速なので、この差が顕著に表れるのは極端なケースのみだと思います」と述べました。

ジャンルで探す