567億円の資金調達に高性能ARヘッドセットを開発する「Magic Leap」が成功

567億円の資金調達に高性能ARヘッドセットを開発する「Magic Leap」が成功 - 画像


高性能ARヘッドセット「Magic Leap 1」を展開するMagic Leapが、新たに5億ドル(約567億円)の資金調達に成功しました。今後は、第2世代製品「Magic Leap 2」を2022年に投入予定とのことです。
Magic Leap Raises $500 Million in Funding
https://www.magicleap.com/en-us/news/news/magic-leap-raises-usd500-million-in-funding
My First Year at Magic Leap and the Opportunity Ahead
https://www.magicleap.com/en-us/news/op-ed/my-first-year-at-magic-leap-and-the-opportunity-ahead
Magic Leapは2014年にGoogleやQualcommから合計5億4200万ドル(約615億円)の資金を調達し、2016年にはアリババから7億9350万ドル(約900億円)の資金調達に成功したことで話題になったARシステム開発企業です。その後、2018年にはARヘッドセット「Magic Leap 1」を発売し、2020年3月にはドコモと提携して日本での展開も始めていました。

567億円の資金調達に高性能ARヘッドセットを開発する「Magic Leap」が成功 - 画像


そして2021年10月11日に、Magic Leapは新たに5億ドルの資金調達に成功したことを発表しました。発表の中でMagic Leapは「新たな資金調達を基に、2022年に第2世代製品『Magic Leap 2』を展開ために注力する予定です」と述べています。
Magic Leapのペギー・ジョンソンCEOは「ARヘッドセットは一日中装着できる快適なものでなければなりません。そのため、『Magic Leap 2』ではヘッドセットのサイズを減らし、約20%軽量化しました。さらに重要なことに、視野が2倍になっています」と2021年4月のインタビューで語っていました。さらに、ジョンソンCEOは資金調達成功発表と同日に声明を発表し、「『Magic Leap 2』は法人向けに構築された業界最小かつ最軽量のARデバイスになる予定です。この高度なヘッドセットは、最先端の光学系や業界最大の視野、調光を備えています」「現在、早期アクセスプログラムが進行中であり、テクノロジー・ヘルスケア・製造・防衛産業の数十のパートナーと共に開発に取り組んでいます」と述べ、「Magic Leap 2」の開発が順調に進んでいる事をアピールしています。

567億円の資金調達に高性能ARヘッドセットを開発する「Magic Leap」が成功 - 画像


なお、既に登場している「Magic Leap 1」は通信機器メーカー・Ericssonの工場での作業効率改善や、保険会社・Farmers Insuranceの査定員トレーニングなどに使われているとのことです。

567億円の資金調達に高性能ARヘッドセットを開発する「Magic Leap」が成功 - 画像

ジャンルで探す