Twitterが攻撃的な会話を検知して注意を促す機能をテスト中

Twitterが攻撃的な会話を検知して注意を促す機能をテスト中 - 画像


Twitterを使っていると、攻撃的な言葉であふれたリプライ欄を目にすることがよくあります。そんな攻撃的な会話に対処するべく、Twitterが攻撃的な会話が行われているツイートに通知を表示し、ユーザーに冷静になるように促す機能をテスト中であることが明らかになりました。
Ever want to know the vibe of a conversation before you join in? We’re testing prompts on Android and iOS that give you a heads up if the convo you’re about to enter could get heated or intense.
This is a work in progress as we learn how to better support healthy conversation. pic.twitter.com/x6Nsn3HPu1— Twitter Support (@TwitterSupport) October 6, 2021

Twitterは、2021年10月6日に「会話に参加する前に、その会話の雰囲気を知りたいと思ったことはありませんか?参加しようとしている会話が熱くなったり激し​​くなったりしている場合に注意を促す機能をAndroidとiOSでテストしています。これは、健全な会話をより適切にサポートために進行中の作業です」と述べ、会話の内容を認識して健全でない会話が行われている場合にユーザーへ注意を促す機能をテスト中であることを明らかにしました。
上記のツイートに添付されている画像を確認すると、Twitterが健全でないと判断したリプライ付きツイートに「注意喚起(Heads up)」「この会話は強烈である可能性があります(Conversations like this can be intense)」という注意書きがツイートとリプライの間に表示されていることが分かります。

Twitterが攻撃的な会話を検知して注意を促す機能をテスト中 - 画像


また、Twitterは健全な会話を促進するべく「相手が人間であることを忘れないでください」「事実を確認することが重要です」「多様な視点には価値があります」といった内容が記された注意書きの表示もテスト中とのこと。

Twitterが攻撃的な会話を検知して注意を促す機能をテスト中 - 画像


記事作成時点では、上記のテストが実施されている地域や対象ユーザーの詳細は不明です。

ジャンルで探す