494億円の資金調達に仮想イベントプラットフォーム「Hopin」が成功、コロナ禍の需要爆増を受けて従業員数は1年で100倍に

494億円の資金調達に仮想イベントプラットフォーム「Hopin」が成功、コロナ禍の需要爆増を受けて従業員数は1年で100倍に - 画像


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、オフラインでの見本市や発表会が相次いで中止されており、各企業や団体はオンラインでの発表に力を入れています。そんな中、2019年に設立されたバーチャルイベントプラットフォームを展開する企業「Hopin」が4億5000万ドル(約494億円)の資金調達に成功したことを発表しました。
Hopin Raises $450 Million to Accelerate Platform Expansion and Continue to Build the Future of Experiences | Business Wire
https://www.businesswire.com/news/home/20210805005315/en/Hopin-Raises-450-Million-to-Accelerate-Platform-Expansion-and-Continue-to-Build-the-Future-of-Experiences
Virtual events startup Hopin valued at $7.75 billion
https://www.cnbc.com/2021/08/05/virtual-events-startup-hopin-valued-at-7-75-billion.html
Hopinは、CEOを務めるジョニー・ブファルファット氏が自己免疫疾患を発症して外出が困難になったことをきっかけに2019年6月に設立された企業で、記事作成時点ではオンライン発表ツールの「Virtual venue」、高品質な編集機能を備えたストリーム配信補助ツールである「Studio」、イベント告知ツールの「Event marketing」、入場許可証の管理などを行う「Onsite」といった製品を展開しています。

494億円の資金調達に仮想イベントプラットフォーム「Hopin」が成功、コロナ禍の需要爆増を受けて従業員数は1年で100倍に - 画像


CNBCによると、Hopinはアメリカン・エキスプレスや北大西洋条約機構(NATO)といった有名企業・団体を含む10万の顧客を抱えており、合計ユーザー数は1700万人を超えているとのこと。また、2020年3月時点のHopinの従業員数は8人でしたが、記事作成時点では800人に急増しています。ブファルファットCEOは「HopinはCOVID-19の感染拡大以前にも成長を続けていました。しかし、COVID-19の感染拡大は、Hopinの成長を明らかに加速させました」と語り、COVID-19の感染拡大がHopinの成長を後押ししたことを認めています。
急速な成長を遂げたHopinは、2020年11月には1億2500万ドル(約137億円)の資金調達に成功。さらに2021年3月には企業価値が56億5000万ドル(6200億円)と評価されるに至り、4億ドル(約440億円)の資金調達に成功していました。
そして、Hopinは2021年8月5日(木)に4億5000万ドルの資金調達に成功したことを発表しました。発表の中で、ブファルファットCEOは「Hopinは、バーチャルイベントと実際の体験をシームレスに接続するソリューションを提供するべく成長を続けています。私たちは、重要なコミュニケーションが発生する全ての場にサービスを提供することを計画しています。この計画を実現するための投資家による継続的な支援と信頼に感謝します」と述べています。
Hopinはストリーム配信の品質を向上させるために2020年にストリーム配信ツール「StreamYard」を買収して「Studio」を提供開始しています。さらに、2021年には「Boomset」や「Attendify」といったイベント管理サービスを買収しており、今後もHopinを統合型バーチャルイベントプラットフォームに成長させるべく取り組んでいくとのことです。

494億円の資金調達に仮想イベントプラットフォーム「Hopin」が成功、コロナ禍の需要爆増を受けて従業員数は1年で100倍に - 画像

ジャンルで探す