新型コロナ 最新の感染状況や対応は

ミニLED搭載の13インチMacBook Airが2022年半ばに登場か

ミニLED搭載の13インチMacBook Airが2022年半ばに登場か - 画像


2021年に登場したM1搭載の12.9インチiPad Proは、iPadシリーズとしては初めてミニLEDディスプレイを搭載しています。これに加えて、2022年に登場する新型MacBook AirにもミニLEDディスプレイが搭載される可能性があると報じられています。
Apple to announce 13" MacBook Air with Mini-LED in mid-2022 - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2021/07/22/kuo-apple-to-announce-new-macbook-air-with-13-inch-mini-led-display-in-mid-2022/
Apple関連の信頼できるアナリストとして知られるミンチー・クオ氏が、投資家向けに公開したメモの中で「Appleは2022年のリリースに向けて、再設計されたMacBook Airの開発に取り組んでいる」という分析を明らかにしました。
クオ氏は2022年に登場する新型MacBook AirにはミニLEDディスプレイが搭載されると予測しています。この新型MacBook Airは13.3インチのディスプレイを搭載しているとのことで、ディスプレイサイズは現行のM1搭載MacBook Airから変化がない模様。

ミニLED搭載の13インチMacBook Airが2022年半ばに登場か - 画像


MacBook Proは現行モデルの場合、13インチモデルと16インチモデルが用意されていますが、新型では14インチモデルが登場するとウワサされています。そのため、ディスプレイのサイズアップはより高価なMacBook Proで行われ、Airでは実施されないだろうとクオ氏は予測しているわけです。
なお、ミニLEDディスプレイは有機ELディスプレイ(OLED)レベルの高いコントラストを実現しながら、液晶レベルのコストパフォーマンスと寿命の長さを実現したディスプレイです。 ミニLEDディスプレイを搭載した12.9インチiPad Pro(左)と、液晶ディスプレイを搭載した11インチiPad Pro(右)を並べて端末の輝度を最大にして映像を再生すると、ミニLEDディスプレイでは画面上の黒色が真っ黒になる、つまりはコントラストがよりハッキリすることがわかります。

ミニLED搭載の13インチMacBook Airが2022年半ばに登場か - 画像


これに加え、クオ氏は新型MacBook AirはアップグレードされたApple Siliconが搭載されると予測しています。別のApple関連のリーク情報を取り扱う人物も、「新型MacBook AirはM2チップ(M1チップの次世代モデル)を搭載した最初のMacになる」というリーク情報を公開しているため、これはクオ氏の情報と一致することとなります。
Just wanted to share some details on when to expect the next generation M2 (not the M1X which is reserved for the Pro Mac devices). This processor is on track to release in the first half of 2022 alongside the upcoming colorful Macbook (Air).— Dylan (@dylandkt) July 5, 2021
なお、2021年後半に発売されるとウワサされているMacBook Proには、M1XチップというM1チップのアップグレード版が搭載されると報じられています。

ジャンルで探す