緊急事態宣言 首都圏1都3県の2週間延長が決定

2021年の「iPhone 13」は従来通り9月に発売か

2021年の「iPhone 13」は従来通り9月に発売か - 画像


2020年に登場したiPhone 12・iPhone 12 mini・iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Maxは、新型コロナウイルスの影響で発売時期が従来の9月から1カ月以上後ろにずれ込みました。しかし、2021年にリリースされる新型iPhoneは従来通りの9月に発売されるだろうと、iPhone関連の信頼できるリーク情報や確度の高い予測でおなじみのアナリストであるミンチー・クオ氏が語っています。
Kuo: iPhone 13 to be produced and launched on regular schedule in 2021 - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2020/12/12/kuo-iphone-13-to-be-produced-and-launched-on-regular-schedule-in-2021/
Apple関連メディアの9to5Macが入手したクオ氏が投資家に向けて作成した資料によると、2021年に発売される新型iPhoneの「iPhone 13(仮)」は、従来通りすべてのモデルが「2021年9月」に発売されることが期待できるとのこと。
2020年は新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界中でAppleのサプライヤー工場が一時的な閉鎖などに追い込まれました。iPhone開発の本拠地であるApple本社でもリモートワークが行われ、その結果、iPhone 12とiPhone 12 Proは10月後半に、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは11月に発売されることとなっています。
なお、クオ氏によるとAppleはiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max用のカメラセンサーの供給問題に直面しているものの、iPhone 12 Proの売上は堅調で「2020年のProモデルの需要は予想を上回っている」と主張しています。

2021年の「iPhone 13」は従来通り9月に発売か - 画像


また、クオ氏は顧客にAppleやAMD、NVIDIAなどを抱える半導体製造ファウンドリ・TSMCの5nmプロセスチップの生産量が少ない理由は「iPhone 12の需要が少ないからではない」と語っています。
Lower TSMC 5nm chip production isn't from low iPhone 12 demand, says Ming-Chi Kuo | AppleInsider
https://appleinsider.com/articles/20/12/12/kuo-lower-tsmc-5nm-chip-production-isnt-due-to-low-iphone-12-demand
TSMCは2020年6月に5nmプロセスでの製造をスタートしたと報じられていましたが、8月に正式に5nmプロセスの詳細を発表しています。
TSMCが5nmプロセス・3nmプロセスの詳細を発表、3nmプロセスは2022年下半期に大量生産開始予定 - GIGAZINE

2021年の「iPhone 13」は従来通り9月に発売か - 画像


by Steve Jurvetson
TSMCの5nmプロセスで製造されたチップとしては、iPhone 12シリーズに搭載されている「A14 Bionic」や、Apple初のMac向け独自開発チップの「M1」などが挙げられます。
初のApple Siliconとなる「M1」チップが登場、5nmプロセスで製造された世界最速のCPU搭載 - GIGAZINE

2021年の「iPhone 13」は従来通り9月に発売か - 画像


2020年第4四半期、AppleはTSMCの5nmプロセスの100%をA14 Bionicの製造に利用したそうですが、2021年第1四半期には80%しか利用していないと報じられています。この使用率の低下はiPhone 12シリーズの需要が少ないためであると考えられていたのですが、クオ氏は需要の低下が招いた結果ではないと主張。実際、2021年第2四半期のiPhoneの出荷予測は5100万台から4500万台に削減されていますが、それでもこの「4500万台」という出荷台数は2020年第2四半期の「3600万台」を大幅に超える数字となります。
なお、TSMCが2020年10月に発表した決算報告書によると、総収入の8%が5nmプロセスによるものだそうです。

ジャンルで探す