保健当局の女性スタッフが「新型コロナウイルスに関するデータの操作を拒否したため解雇された」と主張

保健当局の女性スタッフが「新型コロナウイルスに関するデータの操作を拒否したため解雇された」と主張 - 画像


by Syracuse University
アメリカ・フロリダ州保健局(FDH)に勤務していたレベッカ・ジョーンズ氏が、2020年5月18日に同局から解雇されたと、地元紙Florida Todayが報じました。ジョーンズ氏は、フロリダ州における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を公表するFDHのポータルサイト「Florida's COVID-19 Data and Surveillance Dashboard」をデザインした技術者でした。
Florida scientist refused to manipulate COVID-19 data and was fired
https://www.floridatoday.com/story/news/2020/05/19/florida-scientist-refused-manipulate-covid-19-data-and-fired/5219137002/
Florida Gov. DeSantis fires data critic for ‘insubordination’ | Miami Herald
https://www.miamiherald.com/news/coronavirus/article242851256.html
Woman who designed Florida's COVID-19 dashboard has been removed from her position | WPEC
https://cbs12.com/news/local/woman-who-designed-floridas-covid-19-dashboard-has-been-removed-from-her-position
フロリダ州では5月19日の時点で4万6944人のCOVID-19感染者が確認されているほか、死者は2052人にのぼります。また、フロリダ州北部のフランクリン郡では総感染者数が2人と比較的被害が少ない一方で、マイアミビーチを擁するマイアミ・デイド郡の総感染者数は1万5942人にのぼるなど、感染拡大の状況は州の中でも大きく異なっています。
このように、フロリダ州におけるCOVID-19についての詳細な状況が一目見ただけで確認できるポータルサイトが、FDHが公開しているFlorida's COVID-19 Data and Surveillance Dashboardです。ジョーンズ氏はFDHの地理情報システム(GIS)マネージャーとして、2カ月間にわたり1日も休暇を取らず日に16時間働くなどして、ポータルサイトの作成や運営、感染者データの取りまとめなどに尽力してきました。
Florida's COVID-19 Data and Surveillance Dashboard
https://experience.arcgis.com/experience/96dd742462124fa0b38ddedb9b25e429

保健当局の女性スタッフが「新型コロナウイルスに関するデータの操作を拒否したため解雇された」と主張 - 画像


ジョーンズ氏はこの功績により、ホワイトハウスでコロナウイルス対策本部のコーディネーターを務めるデボラ・バークス氏から称賛されたことで、アメリカで全国的な注目を集めました。
しかし、ジョーンズ氏は5月5日に突然配置転換により職務から外され、さらに18日にはFDHから解雇されてしまったとのこと。ジョーンズ氏は地元テレビ局WPEC CBS 12の取材に対し、「私の解雇は自発的なものではありません。経済再開計画に弾みをつけるため、データを手動で変更するよう命令されたのを拒否したためです」と答えました。
また、Florida Todayによるとジョーンズ氏は15日にポータルサイトの更新情報を受け取るためにメールアドレスを登録していた研究者や一般市民のユーザーに対して電子メールを発信していたとのこと。このメールの中でジョーンズ氏は、自身が解雇されることや、それに伴ってポータルサイトのアクセシビリティや透明性が変容する危険性が高いことなどを訴えていました。
4月25日には、1日に2回だったポータルサイトの更新が1日1回に減っていましたが、これについてもジョーンズ氏は「多くのスタッフが経済再開に関するデータの追跡を指示されています。私たちはより多くのデータと分析結果を提供するための準備を進めており、私たちのスタッフはもはや1日2回完全なデータセットを処理することはできないでしょう」と説明しています。
この報道に対し、元フロリダ上院議員でフロリダ州パームビーチ郡の州検事であるデイブ・アロンバーグはTwitterで「不穏な疑惑です。ポータルサイトのデータを操作することは、州民の命すら脅かします」と発言しました。
These allegations are disturbing. Manipulating the data on Florida’s COVID-19 dashboard could cost lives.
“Jones also told CBS12 in Tallahassee on Monday that she refused to ‘manually change data to drum up support for the plan to reopen’ the state.”https://t.co/XJ24rukaPZ— Dave Aronberg (@aronberg) May 19, 2020
また、フロリダ州農業および消費者サービス委員会委員を務めるニッキー・フリード氏も「ジョーンズ氏には、声を上げることを恐れないでくれたことに感謝します。フロリダ州のロン・デサンティス知事や、フロリダ州の保健当局はこの件に答える義務があります」と述べています。
Thank you Rebekah Jones, for not being afraid to speak out. @GovRonDeSantis and @HealthyFla will have to answer for this.https://t.co/VXIlLXgZUo— Nikki Fried (@nikkifried) May 19, 2020
一方、ロン・デサンティス知事付けの広報担当者であるヘレン・アギレー・フェレ氏は地元紙Miami Heraldに対し、ジョーンズ氏が解雇されたのは職務命令に従わなかったためだと説明。「ジョーンズ氏は、疫学チームやジョーンズ氏の上司の承認なく一方的な判断でポータルサイトに変更を加えるなど、FDHに在籍していた間に反抗的な態度を繰り返していました。COVID-19についての重要な情報を公開するために24時間体制で働いてきた専門家たちをあからさまに見下したジョーンズ氏の態度は、チームにとって有害でした。正確さと透明性は常に必要不可欠ですが、他者に混乱をもたらすような行為は、特にCOVID-19のような前例の無い公衆衛生上の緊急事態が発生している間においては容認できません。これが、FDHがジョーンズ氏の雇用を終了することが最善であると判断した理由です」と述べて、ジョーンズ氏の勤務態度に問題があったことが解雇事由だということを明かしました。
フロリダ州民主党のテリー・リッツォ民主党議長は、この件についての事実確認を求める声明を発表。声明の中でリッツォ氏は、「フロリダ州政府が再開をより安全に見せるためにデータを操作・改ざんしようとしたのではないかという疑惑は言語道断です。これらの疑惑についての独立した調査が直ちに必要です」と述べました。

ジャンルで探す