公共のWi-Fi使用時に個人情報を保護するFirefoxのアドオン「Firefox Private Network」のベータテストがスタート

公共のWi-Fi使用時に個人情報を保護するFirefoxのアドオン「Firefox Private Network」のベータテストがスタート - 画像


繁華街や駅構内、喫茶店などWi-Fiを自由に使える場所はどんどん増えていますが、誰がアクセスしているか分からないWi-Fi環境でインターネットを使用するのは潜在的なセキュリティリスクへの心配が拭えないものです。そのような不安を解消すべくインターネットブラウザFirefoxを運用するMozillaは、Firefoxを使用するあらゆる場所で安全なアクセスと個人情報を保護するアドオン「Firefox Private Network」のベータ版をリリースしています。
Firefox’s Test Pilot Program Returns with Firefox Private Network Beta - The Mozilla Blog
https://blog.mozilla.org/blog/2019/09/10/firefoxs-test-pilot-program-returns-with-firefox-private-network-beta/
Firefox Private Networkのベータテストは、2016年5月にMozillaが発表したテストパイロットプログラムの経験に基づいて行われています。アドオン等のテスト運用は、洗練されておらず一般公開の準備ができていないプロジェクトについてフィードバックを受け取れることや、ユーザーのニーズに応じてプロジェクトの進退を決められたことがかなり有益だった、とMozillaは述べています。2019年1月にテストパイロットプログラムはいったん終了しましたが、それが復活する形でリリースされたものの一つがFirefox Private Networkです。

公共のWi-Fi使用時に個人情報を保護するFirefoxのアドオン「Firefox Private Network」のベータテストがスタート - 画像


Firefox Private Networkは病院や空港、カフェといった公共の無料Wi-Fiを使用しSNSやブラウジングに興じている際に、公共のネットワークに隠れたハッカーから個人情報を守るために役立つとのこと。
Firefox Private Networkの主な機能は以下の通り。
・公共のWi-Fiアクセスポイントでのブラウジング状況や個人情報の保護

公共のWi-Fi使用時に個人情報を保護するFirefoxのアドオン「Firefox Private Network」のベータテストがスタート - 画像


・IPアドレスを非表示にして、広告ネットワークからの追跡を難しくする
・プライバシー保護機能はいつでもオンオフ可能
ベータ版のアドオンは無料ですが、今回のテストのフィードバックを受けて製品版の価格設定も行われるとのこと。ベータテストに参加できるのはアメリカ在住のFirefoxユーザーのみ。該当するユーザーはFirefoxアカウントにサインインするとベータ版の「Firefox Private Network」が使用可能になります。

ジャンルで探す