リコール対象のMacBook Proが「発火する危険がある」として航空機への持ち込み禁止対象となる

リコール対象のMacBook Proが「発火する危険がある」として航空機への持ち込み禁止対象となる - 画像


by Nathan Coats
2019年6月、Appleは一部のMacBook Proに「バッテリーが過熱により発火する危険性がある」として、リコールプログラムを発表しました。そんな発火する危険のあるMacBook Proについて、アメリカの連邦航空局(FAA)が航空機内への持ち込みを禁止しました。
U.S. Regulator Bans Recalled Apple Laptops From Flights - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-08-13/u-s-regulator-bans-recalled-apple-laptops-from-flights
発火する危険性があるとしてAppleがリコール対象としているのは、2015年9月から2017年2月にかけて販売された15インチMacBook Pro。所持しているMacBook Proがリコール対象となっているのかどうかチェックする方法は、以下の記事から確認できます。
Appleが15インチMacBook Proのバッテリーが発火するとしてリコール、リコール対象かチェックする方法まとめ - GIGAZINE

リコール対象のMacBook Proが「発火する危険がある」として航空機への持ち込み禁止対象となる - 画像


この事態を受けて、FAAは「AppleのMacBook Proに使われているリコール対象のバッテリーについて認識しています」と述べ、アメリカ国内の主要航空各社に警告したとのこと。さらに航空各社に対して、リコールされたバッテリーを搭載した製品の持ち込みを禁止する安全指示に従うように促しており、アメリカの航空各社ではリコール対象のMacBook Proの手荷物持ち込み、および貨物としての持ち込みができなくなる見込みです。
また、欧州航空安全機関(EASA)も2019年8月初めに警告を発し、リコール対象となったリチウムイオンバッテリーを搭載した製品の電源を、搭乗中は切るよう通達しています。
すでにTotal Cargo Expertise(TCE)の貨物業務を行っているTUI航空、トーマス・クック航空、エールイタリ、エア・トランザットなどの航空各社では、貨物としてリコール対象のMacBook Proの持ち込みを禁止する措置をとっています。TUI航空の広報担当者は、空港のスタッフと客室乗務員が離陸前にMacBook Proの持ち込み禁止について乗客らに通知するとしており、バッテリー交換されたMacBook Proは持ち込み禁止対象にならないとも述べました。
過去にはバッテリーに不具合があったと見られる電子機器が、航空機内で爆発するという事例も確認されており、航空各社は乗客の安全のために持ち込み禁止の動きを強めています。
飛行機で眠っていた女性の耳でヘッドホンが爆発、バッテリーに不具合か? - GIGAZINE

リコール対象のMacBook Proが「発火する危険がある」として航空機への持ち込み禁止対象となる - 画像


ジャンルで探す