2019年登場の「iPhone 11」はトリプルカメラ&Wi-Fi 6対応などこれまで明らかになっている情報まとめ

2019年登場の「iPhone 11」はトリプルカメラ&Wi-Fi 6対応などこれまで明らかになっている情報まとめ - 画像


2019年の秋頃に発売されると目される新型iPhoneについて、Apple関連のニュースを取り扱う9to5Macが、これまでに登場しているリーク情報やウワサをまとめています。
Analysts expect iPhone 11 to feature Wi-Fi 6 - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2019/01/11/iphone-11-wi-fi-6-triple-camera/
バークレイズが2019年に登場予定の次期iPhoneである「iPhone 11(仮称)」に関する予測をまとめたレポートを発表しました。このレポートによると、iPhone 11では「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」への対応、顔認証機能であるFace IDの改良、新しいアンテナ技術が採用され、さらに6.5インチのiPhone 11(iPhone XS Maxの後継機)では長らくウワサされている「トリプルレンズカメラ」が搭載されるとのこと。
トリプルレンズカメラについては2018年の時点でもウワサされており、デュアルカメラの望遠機能が強化されるのではと予測されています。
次期iPhoneはトリプルカメラ搭載で望遠機能を強化か - GIGAZINE

2019年登場の「iPhone 11」はトリプルカメラ&Wi-Fi 6対応などこれまで明らかになっている情報まとめ - 画像


Apple関連のリーク情報を取り扱い、これまで何度も予測を当ててきたアナリストのミンチー・クオ氏も、2019年の新型iPhoneではFace IDの改良が行われると予測しています。具体的には、Appleは環境光によるFace IDへの干渉を減らすために投光イルミネーターのパワーを高めるのではと予測されています。
Face IDの強化についても、2018年からウワサされていました。
Appleが2019年にリリースするiPhoneは精度が向上した「新型Face IDカメラ」が搭載される可能性 - GIGAZINE

2019年登場の「iPhone 11」はトリプルカメラ&Wi-Fi 6対応などこれまで明らかになっている情報まとめ - 画像


また、クオ氏は2018年11月にiPhone 11が新しいアンテナ技術を組み合わせることでより優れたネットワーク接続を実現すると予測。具体的には4つの変性ポリイミド(MPI)アンテナと2つの液晶ポリマー(LCP)アンテナを採用するとしています。なお、2018年のiPhone XS/XS Max/XRには6つのLCPアンテナが搭載されています。
LCPアンテナからMPIアンテナへの移行が進められる理由については、「AppleはLCPアンテナの材料供給業者に対して交渉力が低いため」であると考えられています。加えて、LCPアンテナの複雑な製造工程により「新しくLCP供給業者を追加することが難しいこと」もMPIアンテナへの移行を後押ししているものと思われます。クオ氏によるとAppleはMPIアンテナのサプライヤーとして5社と取引を行う予定で、これによりAppleの交渉力を向上させることができ、「サプライヤーは価格面で他社と競争する必要が出てくる」と9to5Macは記しています。なお、iPhone 11で使用されるLCPアンテナは「垂直統合の向上により、日本の供給元からのみ提供されることになるだろう」とクオ氏は主張しています。
他にも、野村證券のアナリストが「iPhone 11では物理的デザインに大きな変化はない」と予測しています。
Apple関連のニュースを報じる9to5Macが読者に「2019年のiPhoneでAppleは何に焦点を当てるべきか?」を尋ねたところ、最も人気のある回答は「価格(約30%)」だったそうです。なお、その他で支持率が高かった回答は「ソフトウェア機能の改善(約14%)」、「デザインの変更(約11%)」でした。

2019年登場の「iPhone 11」はトリプルカメラ&Wi-Fi 6対応などこれまで明らかになっている情報まとめ - 画像


Appleのハードウェアは「技術的検証テスト(EVT)」「設計検証テスト(DVT)」「製造検証テスト(PVT)」の順に製品化に向けた段階を踏んでいくことが知られていますが、この中のEVTの段階にあるiPhone 11のレンダリング画像を信頼性の高いリーク情報源のDigitが公開しています。EVTということで比較的初期段階のものとなりますが、リアカメラがあまりにも特徴的ということで注目を集めています。
公開されたレンダリング画像は以下の通り。ウワサの通り背面には3つのレンズを持つトリプルレンズカメラが配置されているのですが、正方形の存在感強めな見た目が注目を集めています。なお、3つのレンズにより多くの光と色情報を集めることができなるため、従来よりも良い写真を撮ることが可能となるとのこと。また、3つ目のレンズが標準的なRGBカメラレンズではなく、深度センサーである可能性も指摘されています。

2019年登場の「iPhone 11」はトリプルカメラ&Wi-Fi 6対応などこれまで明らかになっている情報まとめ - 画像


直近ではウォール・ストリート・ジャーナルが少なくとも6.5インチのiPhone 11がトリプルレンズカメラを搭載する、と報じています。なお、この報道によると、液晶ディスプレイ搭載のiPhone XRの後継モデルはシングルレンズカメラからデュアルレンズカメラにアップグレードされるとのこと。

2019年登場の「iPhone 11」はトリプルカメラ&Wi-Fi 6対応などこれまで明らかになっている情報まとめ - 画像


「Wi-Fi 6」への対応が予測されているiPhone 11ですが、一方で次世代モバイルネットワークの第5世代移動通信システム(5G)への対応は見送られることになるとのこと。なお、iPhoneがWi-Fi 6に対応すればより高速なネットワーク通信が利用可能となるわけですが、一方で最新技術であるWi-Fi 6に対応したWi-Fiルーターは記事作成時点では非常に高価であり、「ほとんどのメッシュWi-FiはWi-Fi 6に対応していない」と指摘されています。

ジャンルで探す