新しいブロックエディタ「Gutenberg」を搭載したWordPress 5.0「Bebo」が登場

新しいブロックエディタ「Gutenberg」を搭載したWordPress 5.0「Bebo」が登場 - 画像


WordPressの最新版となる「WordPress 5.0 Bebo」がリリースされました。大型アップデートとなるこのバージョンでは、通称「Gutenberg」と呼ばれるブロックエディタ方式の編集機能がデフォルトとして採用されています。
WordPress 5.0 “Bebo”
https://wordpress.org/news/2018/12/bebo/
Gutenbergは記事の見出しや本文を「ブロック」と呼ばれるかたまりでコントロールするブロックエディタで、各要素をページ内に配置してページ全体をレイアウトします。

新しいブロックエディタ「Gutenberg」を搭載したWordPress 5.0「Bebo」が登場 - 画像


従来のエディタ画面とは見た目や操作方法が異なるので、いきなり遭遇すると戸惑う人も現れるかもしれないレベル。ページを作成する際にはまず「Paragraph(段落)」や「Cover(トップ画像)」「Heading(見出し)」などのブロック要素を選択します。

新しいブロックエディタ「Gutenberg」を搭載したWordPress 5.0「Bebo」が登場 - 画像


「Cover」ブロックを配置すると、ページの一番上に画像を表示するエリアが表示されました。この部分に配置したい画像をドラッグ&ドロップすると……

新しいブロックエディタ「Gutenberg」を搭載したWordPress 5.0「Bebo」が登場 - 画像


サクッとトップ画像が配置されました。トップ画像部分にはテキストを配置できるようになっているので……

新しいブロックエディタ「Gutenberg」を搭載したWordPress 5.0「Bebo」が登場 - 画像


このように「Hello!」と自分で好きなタイトルを設定することが可能。

新しいブロックエディタ「Gutenberg」を搭載したWordPress 5.0「Bebo」が登場 - 画像


さらに、サブの画像や本文などをさくさくっと追加していくことが可能です。

新しいブロックエディタ「Gutenberg」を搭載したWordPress 5.0「Bebo」が登場 - 画像


Gutenbergの利用方法については、詳細に解説されている以下のブログが参考になりそう。
WordPress5.0.0からの新しいエディター「Gutenberg」の使い方と「Classic Editor」の活用 – エコテキブログ
https://e-yota.com/webservice/wordpress5_0_0_gutenberg_editor/
WordPress 5.0 Beboでデフォルト採用されたGutenbergですが、従来のエディターを使いたいという人のためにClassic Editorも残されています。

新しいブロックエディタ「Gutenberg」を搭載したWordPress 5.0「Bebo」が登場 - 画像


Gutenbergを採用したWordPress 5.0 Beboの使用イメージは、以下のムービーで見ることができます。
Introducing WordPress 5.0 "Bebo" - YouTube

ジャンルで探す