サムスン、「Galaxy Z Fold6」をグローバル発表 - 日本発売は7月31日、価格は249,800円から

サムスン電子ジャパンは7月10日(日本時間)、グローバルの新製品発表イベント「Galaxy Unpacked」を開催し、その中で横開き型折りたたみスマートフォンの新製品「Galaxy Z Fold6」を発表した。日本国内では7月31日に発売となる。

Samsungオンラインショップなどで販売されるSIMフリーモデル(オープンマーケット版)は、ストレージが256GB/512GB/1TBの3段階。価格は、256GBモデルが249,800円、512GBモデルが267,800円、1TBモデルが303,800円。予約を7月17日から受け付ける。

カラーは、256GBモデルがシルバーシャドウ/ネイビー/クラフテッドブラック/ホワイトの4色で、うちクラフテッドブラックとホワイトはSamsungオンラインショップの限定カラー。512GBモデル/1TBモデルはシルバーシャドウのみの設定となっている。

「Galaxy Z Fold6」の特徴は、折りたたみ×大画面という従来からの長所に、Galaxy AIを組み合わせたこと。メール/メッセージ文章の自動生成、要約/スペル訂正/翻訳といったノートアシスト機能を利用できる。とくにノートアシスト機能については、メモと録音を組み合わせることで、作業効率を大きく向上させている。AI機能の多くは「Galaxy Z Flip6」とも共通のものだが、大画面とSペンによりそれをより活用できるというのが「Galaxy Z Fold6」の特徴といえる。

またAIスケッチ機能では、自分で画面上に描いたイラストをAIが補完/修正し、クオリティの高い成果物を作成できる。

写真内の人物・物を消去してその背景を生成するといったフォトアシストももちろん利用できる。また新機能として、顔写真からアバターイラストを生成する「ポートレートスタジオ」という機能も搭載される。

これらのAI機能や最新ゲームの高負荷にも耐えるよう、SoCは最新のSnapdragon 8 Gen 3 for Galaxyを搭載。この高性能を維持するべく、ベイパーチャンバーを1.6倍に大型化し、冷却性能を高めている。

本体サイズは、前モデル「Galaxy Z Fold5」よりも閉じたときの厚みが1.3mm薄くなり、約1.2cmとなっている。重量も14g少ない239gにおさえた。

「Galaxy Z Fold6」および同日発表された「Galaxy Z Flip6」の発売を記念して、予約購入キャンペーンも開催される。この2製品のいずれか予約購入し、アプリから応募すると、こちらも新製品のワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds3」をプレゼントする。

「Galaxy Z Fold6」の主な仕様は下記のとおり。

OS:Android 14

CPU:Qualcomm Snapdragon 8 Gen 3 Mobile Platform for Galaxy

内蔵メモリ:12GB

ストレージ:256GB/512GB/1TB

ディスプレイ:メイン7.6インチ/サブ6.3インチ

SIM:eSIM

アウトカメラ:50メガピクセル/12メガピクセル/10メガピクセル

インカメラ:10メガピクセル

バッテリ容量:4,400mAh

防水/防塵:IPX8/IP4X

生体認証:指紋認証・顔認証

サイズ/重さ:約W132.6×H153.5×D5.6mm(オープン時)、約W68.1×H153.5×D12.1mm(クローズ時)、約239g

ジャンルで探す