「POCO F4 GT」レビュー - 上位モデルが通常価格でも85,000円を切る圧倒的な高コスパスマホ

Xiaomiのスマホブランド「POCO」は、フラッグシップスマホ「POCO F4 GT」の販売を6月23日より開始する。SoCはQualcommハイエンドの「Snapdragon 8 Gen 1」(オクタコア、最大3GHz)を搭載。メモリー(RAM)とストレージ(ROM)の容量が異なる2モデルが用意され、8GB+128GBの下位モデルが楽天市場とMI.comで74,800円、12GB+256GBの上位モデルがAmazonで84,800円で販売される。また、6月23日19時~6月26日23時59分に数量限定で、下位モデルは1万円引きの64,800円、上位モデルは5000円引きの79,800円で販売される。

本製品はフラッグシップスマホにふさわしいリフレッシュレート120Hzの有機ELディスプレイに加え、側面にポップアップトリガーを搭載し、ゲーム機能も強化されている。今回POCOより製品版を借用したので、実機レビューをお届けしよう。

6.67インチ有機ELディスプレイは出荷時に調整を実施

POCO F4 GTはOSに「MIUI13」(Android12ベース)、SoCに「Snapdragon 8 Gen 1」(オクタコア、最大3GHz)を採用。メモリーは8GB/12GB(LPDDR5)、ストレージは128GB/256GB(UFS 3.1)を搭載している。

ディスプレイは6.67インチ有機EL(2400×1080ドット、10bitカラー、リフレッシュレート最大120Hz、サンプリングレート最大480Hz)を搭載。ディスプレイは出荷時に調整が施されており、色差はDelta E≒0.30、絶対色精度はJNCD≒0.18と謳われている。

カメラは、メイン(6,400万画素、F1.9、1/1.73型、1.6μm、Sony IMX686)、超広角(800万画素、F2.2、FOV120度)、マクロ(200万画素、F2.4、FF 4cm)、フロント(2,000万画素、F2.2)を搭載。マクロカメラと超広角カメラの間には画面をキャプチャーする際にちらつきをなくすフリッカーセンサーが内蔵されている。

通信機能は5G、Wi-Fi 6E(IEEE 802.11ax)、Bluetooth 5.2、NFCに対応。状況に応じてモバイルデータ接続とWi-Fi接続を切り替えて、通信速度と安定性を維持する「Multi-Link 5.0」機能が搭載されている。

本体サイズは162.5×76.7×8.5mm、重量は210g。防水防塵性能はIPX3/IP5X。4,700mAh(2,350mAh×2)のバッテリーを内蔵しており、急速充電器「120W HyperCharge」により17分でフル充電できると謳われている。なおゲームプレイを邪魔しないように、「L字型充電ケーブル」が同梱されている。

「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは976,917

QualcommのハイエンドSoC「Snapdragon 8 Gen1」を搭載したPOCO F4 GTはどのぐらいのパフォーマンスを備えているのだろうか? 今回定番ベンチマーク3本を実施したところ、「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは976,917、「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは3,574、「3DMark」のWild Life Extremeは2,590となった。

記事執筆時点(6月21日)のAnTuTu Benchmarkのトップが「RedMagic 7」で総合スコアは1,042,141。POCO F4 GTのスコアはその約94%ということになる。トップにはわずかに及ばなかったが、最新3Dゲームを高画質設定でも快適に動作させるパフォーマンスを備えていることは間違いない。

なお、ベンチマーク番外編として、ノートPC用冷却台に乗せたまま「AnTuTu Benchmark」を実行したところ、総合スコアは995,774を記録した。大台は超えなかったもののスコアが大幅に伸びている。背面にスマホ用冷却ファンを取り付ければ、ピークパワーの長時間維持を期待できそうだ。

メインカメラの画質は他メーカーのフラッグシップと同等

Xiaomiのスマホブランド「POCO」の端末だけに、カメラ性能はXiaomi譲り。強い色が含まれていても色が転ぶことはなく、夜景モードでは強い光源の白飛びを抑えつつ明るく撮影できている。デジタルズームの解像感は望遠カメラを搭載しているフラッグシップスマホには見劣りするが、6,400万画素のイメージセンサーを搭載しているおかげで、10倍デジタルズームでも16インチサイズへの表示ぐらいであれば鑑賞に堪える解像感が保たれる。

ゲーミングスマホとしての機能はシンプル

他メーカーではモーションに機能を割り当てられるゲーミングスマホもあるが、POCO F4 GTが登録できるのは左右ポップアップトリガーのみ。また、ポップアップトリガーを押したときに画面上のボタンをワンタップする「操作」、ポップアップトリガーを押したときと離したときに画面上の異なるボタンをワンタップできる「連続」の2種類のアクションしか登録できず、長押しなどの操作には割り当てられない。

とは言え、元々スマホ用に作られているゲームは画面上のボタンのみで操作できるように設計されている。利用頻度の高いコマンドを左右ポップアップトリガーに割り当てるだけでも、勝率は着実に向上するはずだ。

一方、ソフトウェアアップデートで改善してほしいのがゲーム以外での機能。ポップアップトリガーの2回押しと長押しに、カメラ、ビデオ録画、画面録画、録音、懐中電灯、サイレントモード、バイブレーションなどを割り当てられるが、カメラ、ビデオ録画、画面録画、録音ではアプリを起動できるだけで、続けて押しても記録がスタートしない。チャンスを逃さないように、即座に記録が始まるように仕様を変更してほしい。

通常価格でも85,000円を切る「POCO F4 GT」は圧倒的な高コスパスマホ

ゲーミングスマホとしての機能はやや物足りないものの、処理性能、ディスプレイの画質と滑らかさ、カメラのクオリティーなどは、他メーカーのフラッグシップスマホと比べて遜色ない。フラッグシップスマホが15~20万円と価格が上昇し続けているなか、上位モデルの通常価格でも85,000円を切る「POCO F4 GT」は、圧倒的な高コスパスマホと言えよう。

ジャンルで探す