iPhoneで作成済みのメモにタグを一括設定するには

iOS 15で追加されたメモアプリの「タグ機能」。仕事関連のメモであれば「#仕事」、買い物リストであれば「#買い物」とか「#TOBUY」とか、先頭が「#」で始まる文字列をメモのどこかに書き加えておくだけで、そのタグを目印にメモを抽出できるようになります。

とはいえ、コツコツとタグを入力するのは時間がかかります。これから新規作成するメモならいざしらず、作成済のメモにタグを追加する作業は煩わしいもの。タグの入力はコピー&ペーストで省力化するにしても、メモをひとつひとつ開く作業は気が遠くなりそうです。

そんなときは、メモの選択機能を使いましょう。複数のメモを選択し、そこに追加したいタグを指定すればいいのです。タグをペーストすることはもちろん。ひとつひとつメモを開く必要もありません。

操作はかんたん。まずは、メモ一覧画面の右上にある「…」ボタンをタップし、コンテキストメニューの「メモを選択」をタップしましょう。メモ一覧画面の左端にチェックボタンが現れるので、タグをくわえたいメモをタップしてチェックを入れ、「タグ」ボタンをタップすれば、次の画面で追加するタグを選べます。

なお、タグを追加するときには複数個を指定できるので、いちどに「#仕事」と「#TODO」の2つのタグをくわえる、といった処理も可能です。タグを追加済のメモを複数選び、共通のタグをいちどに取り除くこともできるので、タグをまとめて登録/削除するときにはこの機能を試す価値はありますよ。

ジャンルで探す