【更新】接触確認アプリ「COCOA」Ver.1.4.0、一部端末で起動不能に

厚生労働省とデジタル庁は、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」を最新バージョン1.4.0にアップデートすると、一部の端末で強制終了する事象が発生していると公式Twitterで発表し、謝罪した。「原因調査の上、別途案内する」という。

【更新・追記】厚生労働省とデジタル庁は、「COCOA」Ver.1.4.0で発生した事象を解消した修正版Ver.1.4.1をiOS向けに配信開始した。(11月26日 11:00)

iOS/Android用のVer.1.4.0では、アプリの動作状況を分かりやすく確認できるようにホーム画面のデザインを変更。アプリ内のボタンや画像、文言を見直したほか、軽微な改善も行っている。

編集部で試したところ、iOS 15.1.1をインストールしたiPhone 12 miniでは問題なく起動し、利用開始日などのデータも引き継がれているようだが、Android 11をインストールしたXperia 5(SO-01M)ではCOCOAをVer.1.4.0にアップデートすると強制終了を繰り返すようになった。

厚生労働省・デジタル庁 #COCOA 班です。本日からCOCOAアップデート版(1.4.0)を配布していますが、一部の端末で強制終了する事象が発生しています。原因調査の上、別途ご案内させていただきます。ご利用の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。#接触確認アプリhttps://t.co/MLusM9ozjW— 厚生労働省 (@MHLWitter) November 25, 2021

【11月26日11時追記】

「COCOA」Ver.1.4.0で発生した事象を解消した修正版Ver.1.4.1が、iOS向けに配信開始。厚生労働省とデジタル庁では、最新版にアップデートするよう呼びかけている。なお、Android版についても手続完了次第配布するという。

厚生労働省・デジタル庁 #COCOA 班です。昨日配布したCOCOAアップデート版(1.4.0)で発生した事象を解消したiOS修正版(1.4.1)を配布しています。最新版にアップデートをお願いします。※Android版につきましても手続完了次第配布して参りますので今しばらくお待ちください。#接触確認アプリ— 厚生労働省 (@MHLWitter) November 26, 2021

ジャンルで探す