ハイセンス最上位4K液晶テレビ「U8FG」。AI活用新エンジン搭載で約13万円〜

ハイセンスジャパンは、BS4Kチューナーと新開発の映像エンジンを搭載した、4K液晶テレビの最上位「U8FG」シリーズを11月上旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は最小サイズの50V型「50U8FG」が13万円前後、最大の75V型「75U8FG」が23万円前後など。

■U8FGシリーズの店頭予想価格

75V型「75U8FG」:23万円前後
65V型「65U8FG」:18万円前後
55V型「55U8FG」:15万円前後
50V型「50U8FG」:13万円前後

AI技術を活用した、新開発の「NEOエンジンplus 2021」を全機種に搭載。従来の「NEOエンジンplus 2020」から質感表現やノイズ処理を強化しており、3種類のAI高画質処理機能を備える。

「AIネット映像高画質処理」では、ネット配信のコンテンツを分析し、超解像処理や色濃度/輝度/ダイナミックガンマ補正などの映像処理を行う。

「AIシーン別超解像処理」では、5層のニューラルネットワークを深層学習し、通常の映像とぎらつきが目立つ映像を自動判別。シーンごとに適した超解像処理を施し、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現する。

「AIモーション別超解像処理」は、映像の動きの“速さ”をAIが自動判別。動きの激しいシーンと少ないシーンに適切なフレームを参照し、ノイズリダクションと超解像処理を施す。

高画質機能ではほかにも、肌に光が当たって白飛びしてしまった部分の色調をきめ細やかに描き出し、肌の質感をよりリアルに再現する「美肌リアリティー」、地デジを4K画質相当まで高精細化する「3段階超解像処理」を装備。

また、映像のエッジ部や平坦部を識別し、文字の周りやエッジ周辺に出やすいモスキートノイズや 処理範囲が広いときに出るブロックノイズなど、ノイズの種類に合わせて低減処理する機能や、映像の彩度に適した輝度になるように調整し、コントラストを際立たせて引き締め、奥行きや質感の伝わる立体的な映像にするテクスチャー復元機能も備えている。

4K/3,840×2,160ドットの広視野角なADS液晶パネルを採用(50V型のみVA液晶パネル)。従来のU8Fシリーズと比べて明るく、ダイナミックレンジも広がって立体感を向上させており、直射日光が当たった場合でも見やすさを保つという。120Hz倍速駆動とフレーム補間のクリアモーションにより、残像感の少ないなめらかな描写も可能にした。HDR方式は、HDR10とHLGをサポートする。

バックライトは直下型LEDで、エリアごとに分割して制御する「ローカルディミングplus」により、高コントラストで発色豊かな映像を追求。また、バックライトと液晶パネルの間にバックライトブーストフィルムを挟むことで、従来は光量を調節する偏光フィルムによってさえぎられていた光を反射させて再利用し、輝度を全体的に引き上げた。

FPSや格闘ゲームなどに最適な「ゲームモードplus」を搭載。同モードでは60Hz入力時で最小約9.2msec、120Hz入力時で最小約0.83msecという低遅延性能を実現しつつ、3段階超解像処理や、白とびや黒つぶれを復元して自然な色彩にするHDR再現処理plus、最大120fpsのフレーム補間処理を行う。なお、外部デバイスによる4K/120Hzの映像信号入力には対応していない。

サウンド面では、音響最適補正技術「Eilex PRISM」を採用して音質を強化。スピーカーの3次元マトリックス測定と独自の音響解析理論に基づいて開発された技術で、VIRフィルターによって高精度で明瞭度の高い臨場感ある高音質を追求。音楽や映画などをアーティストが意図した通りに再生できるという。

左右のスピーカーに加えて、テレビ背面にウーファーを内蔵することで迫力の重低音を実現する。音声最大出力は10W×2ch+20W。

IEEE 802.11ac準拠の無線LAN機能とEthernet端子を搭載し、ネットワーク接続に対応。独自プラットフォーム「VIDAA」を引き続き採用しており、映像配信サービスはNetflixやYouTube、Amazon Prime Videoなどに加えて、新たにDisney+にも対応。コンテンツの順番を入れ替えるなど、好みに合わせて自在にカスタマイズ可能だ。さらに、GoogleアシスタントやAmazon Alexaを搭載したスマートスピーカーとの連携機能も備える。

チューナー数は、BS4K/110度CS 4Kが1基、地上/BS/110度CSデジタル×3。別売の外付けUSB HDDをつなぐと放送番組の録画が行え、裏番組録画にも対応する。著作権保護技術のSeeQVaultもサポート。ほかにも、2画面機能を備え、画面の拡大・縮小は3段階で調整できる。

18Gbps対応のHDMI 2.0b入力を4系統搭載。HDMI 1のみARC(オーディオリターンチャンネル)をサポートする。ビデオ入力端子も備える。音声出力は光デジタルとヘッドホン出力が各1系統、USB端子は2系統。

画面の角度を左右に30度回せるスイーベルスタンドを備え、部屋の設置場所や視聴位置に合わせて、テレビを見やすい角度に向けられる。

付属のリモコンは、使用頻度の高い十字キーと決定ボタンに大きな起伏をつけ、ボタンの配置やサイズ、質感にもこだわり、ブラインドタッチしやすいデザインに仕上げたという。下部には6つのVODダイレクトボタンを装備する。

ジャンルで探す