新型コロナ 最新の感染状況や対応は

キヤノン「EOS R3」正式発表 視線入力AF対応、動画撮影はシネマカメラ並み

キヤノンは9月14日、RFマウントのフルサイズミラーレスカメラ「EOS R3」を正式に発表した。秒30コマの高速撮影や高速オートフォーカス、最大1/64000秒の高速電子シャッター、ブラックアウトフリーのEVFを備える速写モデルで、ファインダーをのぞいた目の動きでオートフォーカスを合わせる視線入力AFを新たに搭載したのが特徴。動画撮影機能はシネマカメラを超える部分もある。EFマウントのデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark III」を超える撮影性能や堅牢性を備える高性能ミラーレスとして、プロやハイアマチュアから支持されそうだ。

価格はオープンで、予想実売価格は75万円前後。発売は11月下旬の予定。

EOS R3のおもな特徴は以下の通りです。

撮像素子は有効2410万画素の積層型裏面照射型CMOSセンサー、高速読み出しでローリングシャッターゆがみを低減(EOS-1D X Mark III比で約1/4)
撮像素子の100%×100%の領域でピントが合わせられるデュアルピクセルCMOS AF
ファインダーをのぞいた目の動きでオートフォーカスを合わせる視線入力AF
クルマやバイクのドライバーにピントが合わせられる「乗り物優先AF」
電子シャッターで秒30コマ、メカシャッターで秒12コマの高速撮影
電子シャッターは最高1/64000秒に対応、NDフィルターいらずで絞りを開いた撮影が可能に
縦位置グリップ一体型のボディ、堅牢性はEOS-1D X Mark III並みに引き上げた
8段分の手ぶれ補正機構
0.02秒で3枚連写した写真を合成するHDRモード
ブラックアウトフリーのEVF
EVFの見え方を光学ファインダーに近づける「OVFビューアシスト」
背面液晶を常時オフにする設定を追加
4K動画は30分の制限がなく、最大6時間まで撮影可能
6K動画は外部機器を必要とせず、カメラ内部での記録が可能に
メモリーカードはCF Express+SDカードのデュアルスロット

速写性能を高めたフルサイズミラーレス。電子シャッターでの撮影時は連写速度が秒30コマと高速で、最高1/64000秒の超高速シャッターに対応し、EVFが暗くならないブラックアウトフリーでの撮影が可能になる。キヤノンとしては、基本的に電子シャッターで撮影するカメラと位置づけている。センサーは高速読み出しに対応しており、電子シャッター撮影時に気になるローリングシャッターゆがみはEOS-1D X Mark IIIの電子シャッター撮影時の約1/4に抑えたという。

EOS DIGITALシリーズ初の装備となるのが、ファインダーをのぞいた目の動きでオートフォーカスを合わせる視線入力AF。スポーツ競技などでフレーム内に複数の人がいる場合でも、視線を特定の人に向けるだけでAFのターゲットがその人に合い、シャッターの半押しやスマートコントローラーの押下でその人を追従してピントを合わせ続ける仕組み。

視線入力AFは、EVFの内部に設けられた赤外線LEDを瞳に照射し、反射した光をEVF内のセンサーで受けて検知する仕組み。カメラに備わるキャリブレーションを実施すれば、より精度が高くなるという。日光を遮る大型アイカップを装着すれば、誤作動が少なくなる。

ボディは、可動式のバリアングル液晶を搭載しながら、EOS-1D系と同等の堅牢性や防塵防滴性能を確保したのが目を引く。キヤノンによると、既存のミラーレスは堅牢性や防塵防滴性能の弱さを指摘する声があり、EOS-1D系と同等に引き上げたとのこと。

動画撮影性能の高さも注目点の1つ。4K/60p動画は、これまでの最大30分制限を撤廃し、最大6時間まで撮影できるようになった。4K動画は6Kのオーバーサンプリングで生成するので、画質面でも優れるという。さらに、6K動画は外部機器を必要とせず、カメラ内部での記録を可能にしているのもポイント。動画性能は各社のシネマカメラよりも優れている部分があり、動画撮影用で使いたいプロからも注目されそうだ。

アクセサリーシューは、データ通信と給電が可能なマルチアクセサリーシューを搭載。対応アクセサリーは乾電池などの電源を装着する必要がなくなるので、システムの小型軽量化が図れるのも魅力的だ。

ジャンルで探す