PS5大型アップデート配信開始。M.2 SSD対応/TVスピーカーで3Dオーディオ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation 5(PS5)の大型システムソフトウェアアップデート第2弾を9月15日に全世界で提供開始すると発表した。

適用することで、M.2 SSDによるストレージの拡張に正式対応。PS5やPlayStation 4のゲーム、メディアアプリをM.2 SSDにインストールし、M.2 SSDから直接起動できるようになる。他にも、PS5を接続したテレビの内蔵スピーカーでの3Dオーディオ対応など、PS5のユーザー体験が強化される。

大型システムソフトウェアアップデート第2弾の内容は以下の通り。
○PS5システムソフトウェアアップデート内容
PS5のUX(ユーザーエクスペリエンス)向上

コントロールセンターのカスタマイズ表示/非表示できるコントロールが増え、順番の入れ替えも可能になる
ゲームベースの改善コントロールセンターの[ゲームベース]から、パーティーのテキストチャットにアクセスしたり、メッセージを送信可能に。オンラインのフレンド、取り込み中のフレンド、オフラインのフレンドの人数が確認でき、、フレンドリクエストをまとめて許可/拒否/キャンセルできるよう改善
ゲームライブラリーとホーム画面の改善同じゲームのPS5/PS4バージョンを両方インストールしている場合、ホーム画面やライブラリーの[インストール済]タブで別々に表示し、各プラットフォームをアイコンで表示
音声読み上げ機能の操作追加アクセシビリティの音声読み上げ有効時に、PSボタンと△ボタンを同時に押すと、音声読み上げの一時停止/再開が可能に。PSボタンとR1ボタンの同時押しで再度読み上げる

ゲームやソーシャル機能のカスタマイズ

PlayStation Nowの解像度選択と通信接続テストストリーミングの最大解像度を720p/1080pから選択可能に(ゲームによって最大解像度が異なる場合がある)。ストリーミング接続のテストにも対応
拍手の種類に「リーダー」追加PS5ゲームで、オンライン対戦後に他のプレーヤーの行動を称えて拍手を送る機能に、「計画性をもって戦略的に動き、他のプレーヤーを鼓舞するプレーヤーを称える拍手」としてリーダーを追加
「自己ベスト」映像の自動キャプチャーPS5ゲームでチャレンジをプレイし、自己ベストのタイムや得点を記録したときに、そのプレイを自動的にビデオクリップに保存。即時/後からシェアすることも可能
新しいトロフィートラッカーコントロールセンターにトロフィートラッカーを追加。ひとつのゲームにつき最大5個のトロフィーをトラックする

テレビスピーカーでの3Dオーディオ対応

テレビの内蔵スピーカーでの3Dオーディオ対応を追加。設定の[サウンド]メニューからこの機能を有効にすると、通常の2チャンネルのテレビスピーカー音声が立体的な音声に変換され、ゲームプレイへの没入感を高められるという。

今回のアップデートに合わせて、DualSense ワイヤレスコントローラーにもアップデートを提供。適用すると、コントローラーの内蔵マイクを使って部屋の音響特性を測定し、ユーザーの部屋に適した3Dオーディオ設定を反映できるようになる。なお、テレビ内蔵スピーカーでの3Dオーディオ設定はデフォルトではオフのため、利用したい場合は手動で有効にする必要がある。

PS5用の別売オプション「PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット」では、新たにオーディオEQ機能が利用可能になる。コントロールセンターの[サウンド]から設定でき、多数のプリセットからEQプロフィールを選べるという。

SIEでは、「PS5の発売以来、対応ヘッドセットを使った3Dオーディオは、多くのユーザーや開発者から好評だった。今回のアップデートでテレビの内蔵スピーカー向けの対応を新たに追加できたことを嬉しく思う」とコメントしている。

M.2 SSDによるストレージの拡張

PS5とPS5 デジタル・エディションの両モデルの拡張スロットに、別途用意したM.2 SSDストレージを装着することで、PS5のストレージ拡張が可能になる。

PS5/PS4のゲームやメディアアプリのダウンロード、コピーで利用可能。PS5/PS4のゲームをM.2 SSDから直接プレイしたり、ストレージ間でゲームを自由に移動することもできる。利用できるM.2 SSDの要件は同社Webサイトで案内している。また、PS5にM.2 SSDを装着する方法については、以下の動画を参照のこと。

「PS Remote Play」アプリおよびPS Appの拡張

モバイル向け機能も拡張予定で、PS5やPS4のゲームを遠隔でプレイできる「PS Remote Play」アプリが、9月15日以降は無線LAN環境だけでなく、モバイルデータ通信でも利用可能になる。

PS Remote Playアプリでのリモートプレイには、最低5Mbpsの通信速度が必要。最高解像度で楽しみたい場合は、上下とも15Mbps以上の通信速度を推奨している。モバイル接続時に使用するデータ量を管理するために、モバイルデータ通信使用時のビデオ品質を選択することも可能だという。

さらに、9月24日からはPS5のシェアスクリーン画面をPS Appからも視聴可能になる。PS5で遊んでいるフレンドと同じボイスチャットにモバイル端末から参加し、PS5を使っているフレンドに画面をシェアしてもらうことで視聴できるようになるとのこと。

ジャンルで探す