バッテリーが交換できるポータブル電源「PowerArQ 3」

G.Oホールディングスは9月10日、バッテリー交換が可能なポータブル電源「PowerArQ 3」を発表した。バッテリーの寿命が来ても本体をまるごと買い替える必要なく使い続けられる。価格は本体が79,800円、交換用バッテリーが29,800円。コヨーテタン、オリーブドラブ、レッド、チャコールの4色を用意。9月中旬より発売する。

容量555Whのポータブル電源。バッテリーの交換が可能で、バッテリーの寿命/故障などが起きても本体を再購入することなく、バッテリーの買い替えで使用を継続できる。出力ポート類は、AC出力×2口(合計500W、最大1,000W)、USB Type-Cポート×1口(最大60W)、USB Type-Aポート×2口(最大18W)など。上部には最大15Wの急速充電が可能なワイヤレス充電機能も備える。

実装されているLEDライトは明るさが710ルーメンで、従来モデルから明るさが約70%向上し、防災時の利便性がアップしている。満充電までの時間は約3~4時間。防水性能はIP33に準拠する。省エネモードに設定しておけば、AC出力30W以下/DC出力5W以下の状態が4時間続いた場合に自動で電源がオフになる。本体の重さは7.9kg。

ジャンルで探す