よく使うアプリをDockから開く方法 - Apple Watch基本の「き」season6

Apple Watchをお使いの皆さん、使っているうちに使用頻度の高いアプリはだいたい固定されてくるのではないでしょうか。よく使うアプリはコンプリケーションに配置するのが王道ですが、それが足りない場合は「Dock」を活用するのがおすすめです。
○<1>Apple WatchのDockとは?

Apple Watchのホーム画面(アプリアイコンが並んだ画面)は、文字盤表示中にデジタルクラウンを押すと表示されます。でも、いちいちホーム画面を開いて小さなアイコンを探すのは少々面倒ですね。

そこで活用したいのが「Dock」です。Dockとは、iPhoneやMacでいうと画面の一番下にあるアプリアイコンの表示エリアのこと。Apple Watchでもアプリアイコンを格納しておける場所になっていて、サイドボタンを押すと表示されます。

これを使えば、ホーム画面で小さなアプリアイコンを探すよりもスムーズです。また、コンプリケーションに配置したいのに場所が足りない場合や、アプリがコンプリケーションに対応していない場合にも便利です。
○<2>Dockにアプリを追加する方法(固定のアプリ)

Dockに表示させるアプリは、iPhoneの「Watch」アプリで設定します。特定のアプリを手動で選択する方法と、最近使用したアプリを自動で表示させる方法があります。

まず、特定のアプリを手動で選択する方法です。

○<3>Dockのアプリを使用頻度順に表示させる方法

次に、手動で固定せず、使用頻度に応じてよく使うアプリを表示させる方法です。

ジャンルで探す