シチズン、チタニウム時計50周年を記念した「コズミックブルー」限定モデル

シチズンが腕時計の素材としてチタンを採用したのは1970年。それから2020年で50周年となり、シチズンの3ブランド「アテッサ」「エクシード」「クロスシー」から記念モデルが登場する。発売は2021年1月2日の予定。

今回の記念モデルは、宇宙をイメージした「コズミックブルー コレクション」だ。1970年当時、宇宙開発の素材として注目されていたチタンを、腕時計の素材に用いたことに由来する。

コレクション名の通り、各モデルの文字板は宇宙空間を連想させるブルーで統一。チタン製のケースとバンドには、シチズン独自の表面硬化技術「デュラテクトDLC」を施している。表面仕上げと文字板のデザインはモデルごとに異なり、アテッサ、エクシード、クロスシーというブランドの個性を表現した。いずれも定期的な電池交換が不要な光発電「エコ・ドライブ」仕様となっている。
○アテッサ(CC4015-86L、CB0219-50L)

アテッサからは2本の記念モデル。1つは、ハイエンドのクロノグラフムーブメント「キャリバー F950」を搭載した「CC4015-86L」だ。文字板は青と濃紺のグラデーションによって、壮大な宇宙を表現。サブダイヤル、秒針、インデックスには控えめなゴールドを差し色とした、星々のきらめきが印象的。

ケースサイズは径44.3×厚さ15.4mm(設計値)、風防は両面無反射コーティングのデュアル球面サファイアガラス、防水性能は10気圧。ナイロン製の替えバンドが付属する。価格は260,000円(以下すべて税別)、世界限定1,300本。

もう1つは、3針モデルの「CB0219-50L」だ。文字板は、グラデーションカラーとラメによって、銀河の広大は奥行きと遠近感を表現した。ケースサイズは径42.5×厚さ10.1mm(設計値)、風防は無反射コーティングのサファイアガラス、防水性能は10気圧。価格は100,000円、世界限定2,200本。
○エクシード(AS7164-99L)

風防のサファイアガラス(両面無反射コーティング)の外周にゴールドをあしらい、黄道光を表現。黄道光とは、天球上の黄道(太陽の通り道)に沿って輝く光の帯をいう。文字板の中央には放射状のパターンを描き、控えめなラメとともに神秘的な雰囲気を醸す。ケースとバンドはヘアライン&ミラーとして、エクシードらしいエレガントな仕上げとした

ケースサイズは径38.4×厚さ7.9mm(設計値)、風防は両面無反射コーティングのサファイアガラス、防水性能は5気圧。価格は190,000円、世界限定700本。
○クロスシー(ES9466-57L)

女性向けのクロスシーとしては始めて、ケースとバンドのすべてにデュラテクトDLCを施したモデル。上品で艶のある黒に、コズミックブルーを基調とした文字板が似合う。文字板の中央から外周部へ向けて放射状のパターンを配し、多層のスターダストパターンによって奥深さと繊細やきらめきを表現した。また、12時位置と6時位置に、ラボグロウン・ダイヤモンド(天然ダイヤモンドと同じ硬度と輝きを持つ合成ダイヤモンド)をセット。

ケースサイズは径29×厚さ8.2mm(設計値)、風防は無反射コーティングの球面サファイアガラス、防水性能は5気圧。価格は100,000円、世界限定700本。1,500本。

ジャンルで探す