通信量は?5Gはどうなる? - 「IIJmio meeting #28」が開催

●iOS 14で遅くなるのはどうして?
IIJは10月10日、トークイベント「IIJmio meeting #28」を開催した。前回に引き続き、今回も新型コロナウイルス対策でオンラインでの開催となったが、オフライン時と変わらぬディープな話題が展開された。イベントレポートをお届けする。

IIJがオンラインでの大きなイベントを開催するのも、今回で3回目となる(IIJmio meeting #27、IIJ Technical NIGHT Vol.9)。日本のインターネット黎明期からネットの世界を裏から支えてきた技術集団のIIJだけあって、回を重ねるごとに仕掛けが増えたりしている。

冒頭は恒例のIIJmio Updateで、IIJの技術広報担当課・堂前清隆氏から、6月から10月までのIIJmioの新サービスや新端末、キャンペーンなど、さまざまな動きが紹介された。その中で注目したいのが、iPhoneの最新OS「iOS 14」とeSIM、物理SIMの組み合わせで、移動中に圏外になり、通信ができなくなるケースが散見されていたことだ。

この案件、SNSなどで調べると皆無ではないのだが、そこまで件数が多いわけでもないという、非常にやっかいなトラブル。IIJでもOSのアップデートが登場する度に検証はしているが、Appleと特別な関係にあるわけではないため、OSなどの情報も一般ユーザーと同等のタイミング・内容しか手に入らないという。また、iOS 14リリースから約1週間後に配布されたiOS 14.0.1アップデートをかけると解消した例もあるようで、アップデート内容としては公開されていないが、バグフィックスされた可能性も高いという。そういうこともあり、安定した運用を求める人は、新OSのリリースから1週間程度は様子をみたほうがよさそうだ。

またIIJmioの5G展開については、現状の5G NSA環境ではエンドユーザーのメリットが得られず、システム開発のコストに見合った価値が見出せないとのことで、当面は法人向けMVNOや、ローカル5Gといった、非スマートフォン用途(IoTなど)を中心にしていくことが明らかになった。画面に表示される「5G」のアンテナピクトは魅力的だが、現状、まだ5Gを体験できるエリアも極めて少ないことから、特にMVNOでの展開は、もう少し様子見となりそうだ。

●スマホ以外も扱いだしたIIJ
続いて初心者向け講座「みおふぉん教室」では、同社コンシューマサービス部の長野秀太郎氏から、「端末トーク2020 〜スマホだけじゃないIIJmio」と題した端末周りの解説が。

IIJmioが扱う端末数は2019年で26種類、2020年も新型コロナで市場が混乱する中、20種類近くをすでに発表している。特に今年はMVNOでいち早くシャオミの端末を扱い始めたり、要望の多かったソニーのSIMフリー版Xperiaの取扱いを始めただけでなく、スマートフォン以外に、スマートウォッチやノートPCといったデバイスも扱いを始めている。

こうした非スマホデバイスの扱いを開始した件については、スマホメーカーが非スマホデバイスに力を入れ始めただけでなく、新型コロナによる生活様式の変化により、固定デバイスの需要が伸びていることも大きな要因の一つだという。現在はノートPC、スマートウォッチ、Wi-Fiルーター、Google Nestシリーズ、ワイヤレスイヤホンなどがラインナップに入っており、10月15日には新しいノートPCとしてASUSやNEC、HPから1〜2機種を、またネコリコのホームIoTデバイスの取り扱いを追加した。今後も非スマートフォン製品の取扱拡大が期待される。

ところで、米中の政治・貿易摩擦による影響が大きいファーウェイ製端末については、現在販売されている端末も、Google Playストアを含めた「Google Mobile Service」(GMS)が使えないのがネックになっているが、アプリ周りについてはファーウェイ自体がアプリを配布する「Huawei Mobile Service」(HMS)を利用することで、ある程度カバーできることが紹介された。

もっとも、HMSはGMSより選択肢が少なく、また決済サービスの対応が少ないため、ソーシャルゲームなどは無課金でやるしかないものもあるようだ。あくまで筆者個人の感想だが、現状ではカメラなどハードウェア的な魅力はあるものの、自分でアプリのインストールからセキュリティ向上なども行える上級ユーザー向けという感は否めない(IIJmioのユーザーであれば大半が合致してしまうのかもしれないが…)。

●携帯料金は本当に安くなるの?
次のセッションでは「MVNOの音声料金が安くなるって本当? -「指定設備卸の適正性検証」とは何か」と題し、同社の佐々木太志氏が、MVNOの音声通話の値下げや定額サービスの可能性に関して、どのような状況になっているかを解説した。

MVNOの音声通話については、データ通信と比べて、通話し放題プランがMNO(キャリア)と比べて特に安くなるといったことが少ない。これは、MNOがMVNOにネットワーク網を貸し出す際に、データ通信部分は使用料金が電気通信事業法で定められているのに対し、音声通話や国際ローミングについてはその規律がないためだ。

MVNO各社はキャリアのような定額音声サービスを実現するために、音声通話の卸金額についても見直しを要求している。代表的な動きとしては、独自にNTTドコモとの交渉が決裂し、総務大臣裁定を受けた日本通信の例が挙げられるだろう。

また、MVNOによってはIIJmioの「みおふぉん」のように、電話番号の前に4桁の番号(プリフィックス)を付けたり、専用の通話アプリを使って通話することで電話料金が安くなるサービスを提供している場合がある。ところで、なぜ専用アプリやプレフィックスを付ければ通話料金が安くなるのだろうか?

音声通話は発話側の電話会社と、受話側の電話会社の間の接続料金を元に通話料が決まってくる。ここで、発話側電話会社(A)と受話側電話会社(B)の接続料よりも安く中継してくれる接続会社(C)を介すれば、料金が安くなるという仕組みだ。この、接続会社(C)を使いますよ、という「宣言」が、電話番号の先頭に付けるプレフィックス(あるいは専用の通話アプリ)なのだ。

IIJmio(Dプラン)の場合、IIJはユーザーから30秒20円の通話料を受け取り、ドコモに30秒14円を支払ってドコモの音声交換機を使用している。ドコモは受話側会社(B)との事業者間接続料を払って接続する。これが、仮にIIJと接続会社(C)の通話料金が30秒10円で済めば、通話料金を数円下げることができる。

実は、ドコモがMVNOに対して要求する通話料の卸料金は、この6年間変わっていない。それに対し、ドコモが相手先電話会社に支払う事業者間接続の料金は年々下がっている。このギャップが「もっと値下げできるのではないか」というMVNO側の論拠となっているわけだ。

また、こうしたアプリの利用は、スマートフォンの標準機能である通話機能を使うよりも不便だ。総務省の「接続料の算定等に関する研究会」でも、低廉な通話の代替手段として妥当な手段とは言えないことを認めている。そこで、キャリア側は音声交換機で自動的にプレフィックス番号を付与する機能を提案しているという。

このプレフィックス番号自動付与が実現すれば、MVNOユーザーは音声通話時に自動的に中継会社を介した通話が利用できるようになり、音声料金の低減を実現できる。もし総務省の研究会がこれを「音声値下げの代替手段として妥当性がある」と認めれば、キャリアの通話料契約はそのままになるかもしれない。ただし、判断はまだ下されておらず、具体的にいつ、どれくらい安くなるのかは何も決まっていないとのこと。今後も引き続きキャリアや中継会社と協議して、利用者料金の低廉化を目指していくとのことだった。

ユーザー目線で見ると、通話定額は確かに魅力的なのだが、音声通話自体の需要は確実に下降している。もちろん一定の需要は今後もあり続けるだろうが、Zoomなど、よりローコストでリッチなコミュニケーション手段が存在するようになり、重要性は下がっている。また音声回線のIP化が進めば、これまでとは使用する設備も変わり、料金体系自体が変わってくることも考えられる。MNOもMVNOもユーザーも、三方が納得できる料金制度の実現を願いたい。

●5G SAネットワークとは何か
最後のセッションは「5G SAについて」と題し、同社の大内宗徳氏が発表を行った。大内氏はMVNO事業の技術開発を担当されており、発表内容も非常に専門的な、IIJmio meetingらしいヘビーなものとなった。

まず、5Gとは何かという基本的な問題から。5Gでは「超高速接続」「IoTなどの多数同時接続」「高信頼性/低遅延」という3つの目標が立てられた。ここで気をつけねばならないのは、この3つを同時に満たす必要はなく、例えばスマートフォンであれば超高速接続、IoTは超多数接続を、業務用途などでは高信頼・低遅延接続の実現がそれぞれできる技術の総称が5Gということだ。

この、5Gの全ての機能を実装したネットワークが「5G SA」(Stand Alone)となる。ただし、導入直後の現状では、4Gの周波数も併用した「5G NSA」(Not Stand Alone」形式となっている。

海外では米国でT-Mobileが8月に5G SA方式の導入を開始しており、国内でも各キャリアが2021年度移行に導入を発表している。今後は4Gが使用中の周波数帯を5Gに転用してエリアを改善したり、5G SAへ移行することで高信頼性・低遅延の接続も可能になる。またIoT向けの低消費電力仕様も策定中だという。

さて、この低遅延・高信頼性接続はどのようにして実現するのか。これには「新しい無線方式の導入」(高速化&低遅延化)と、低遅延構成を実現しやすい「新しい5Gシステムの導入」が重要になる。

新しい無線方式(NR:New Radio)については、利用可能な周波数を大幅に拡張し、デシメートル=センチメートル波(FR1:450MHz〜6GHz)に加えて、いわゆるミリ波(FR2:30GHz以上)も導入。さらに1コンポーネントキャリア(CC)あたりの周波数幅を、FR1では4Gの5倍にあたる100MHzに、FR2では400MHzへと拡張し、さらに最大16CAという莫大な帯域幅を使って高速化を図る(実際にはそこまで拡張できないが)。

また、低遅延化については、サブキャリア間隔を広げることで時間単位で送信できるデータ量を増やし、結果として応答にかかる単位時間を早めるという。また、フレーム構成を変更したり、受信応答確認(ACK/NACK)の時間を短縮するといった方向性が検討されているようだ。

さらに新たな5Gシステムでは、認証や制御系にかかる時間を短縮でき、4G LTEと比べてセキュリティも強化されたシステムが導入されることになるようだ。

IIJでは今年初頭から社内に5G検証用のラボ構築に着手し、電波暗箱の中で5G SAを利用したローカル5G向け製品の評価や5GフルMVNOを目指しての動作検証、デモ環境などを行なっているという。冒頭でも述べたが、5Gについては当面業務用、IoT向けを中心としつつ、やがては5GフルMVNOも含めたビジネス化を目指していくとのことで、大いに期待したい。

●次回開催は未定、だが…
今年は新型コロナウイルスの影響もあったものの、1月の#26と、オンライン開催を通じて#27、#28とIIJmio meetingは3回の開催を達成した。残念ながら次回については未定とのことだが、情勢を鑑みつつ、開催には前向きであるように受け取れた。ディープで赤裸々なMVNOの本音が見られるIIJmio meetingに興味を持たれた方は、同社の「てくろぐ」をチェックして、次回開催を楽しみにお待ちいただきたい。

ジャンルで探す