「キャプション」を付けると、iPhoneで撮った写真はもっと便利に

紙の雑誌やWEBマガジンを読んでいると、写真やイラストに添えられた短い文を目にすることがあります。あれは「キャプション」と呼ばれ、写真やイラストの理解を深めるための説明文であり、ビジュアルとともに伝えられる主張・メッセージです。

写真にキャプションを設定できるスマートフォンアプリも珍しくありません。Instagramに写真を投稿するとき、薄く「キャプションを書く」と書かれたテキスト入力欄が表示されますが、あれがまさにキャプションの設定です。

iOSに付属の写真アプリにもキャプション作成機能が用意されていますが、これまではiCloud共有アルバム作成時に限られていました。しかしiOS 14ではいつでも写真にキャプションを設定できるようになり、写真を閲覧するときの楽しみを増やすために、検索するときのキーワードとして使うために活用できます。

写真にキャプションを付けるには、目的の写真を表示しているとき上方向へフリックします。すると、写真の下に薄く「キャプションを追加」と表示されたテキスト入力欄が現れるので、そこへキャプションとする文を入力し、右上の「完了」ボタンをタップして設定を完了します。

設定したキャプションは写真とともに保管され、その写真を閲覧中に上方向へフリックすれば現れます。キャプションの変更も同じ要領で作業すればOK、削除したいときも同様です。

写真にキャプションを設定しておくと、検索用のキーワードに使えるほか、共有アルバム作成時のキャプションとしても活用できます。写真の説明文としてだけでなく、あとで写真を探しやすくするための目印にもなりますから、これぞという写真にはキャプションを付けることがこれからの常識になるかもしれません。

ジャンルで探す