「宵越しのメールは持たねえ」という粋な人へのiPhoneのお勧め設定

昔、江戸には「宵越しの銭は持たない」という気風があったそうですが、それは収入があればその日に使い果たしてしまう計画性のなさというより、毎日変わらず仕事がある安定した社会だったことを見るべきなのかもしれません。

少々強引ですが、いわゆるメール(インターネットメール)にも同じことがいえそうです。メールシステムは常時稼働していて当たり前、IMAP方式であれば送受信したメールはいつまでもサーバに保管され、必要なときに取り出せます。世界中のメールサーバが、その地の法律ではなくIMAPやPOP3といった共通の通信手順(プロトコル)を頼りにメールを受け渡ししているのですから、システムの安定が前提にあることは確かです。

その安定性を信頼するのならば、「今日届いたメールだけ」を表示対象にするのもアリといえます。iOSに付属のメールアプリに用意されているフィルタ機能(一定の条件を満たしたメールだけを表示する機能)には、「今日送信されたメールのみ」というオプションがあり、これをONにすれば当日届いたメールに絞り表示することができるのです。

手順はかんたん、メールアプリの画面左下にあるフィルタボタン(▽)をタップし、「適用中のフィルタ」をタップしましょう。フィルタオプションが現れるので、「今日送信されたメールのみ」スイッチをONにすると、そのとき選択したメールボックスのうち当日ぶんだけが表示されるようになります。「未開封」や「VIPからのみ」などのオプションと併用すれば、日々大量に届くメールの処理が多少はラクになるはずですよ。

なお、フィルタ機能は表示するメールを選別するだけで、メールそのものには一切手をくわえません。フィルタボタンをタップするたびにON/OFFできるため、気軽に使えることもメリットです。

ジャンルで探す