Kyash、総務省のマイナポイントに対応して7月1日から申込受付を開始

ウォレットアプリ「Kyash」を提供するKyashは、総務省が主導するマイナポイントの登録キャッシュレス決済サービスに加わり、マイナポイントの申込受付を7月1日から開始すると発表した。利用にはアプリをバージョン6.8.0以降にアップデートする必要がある。

マイナポイント事業とは、マイナンバーカードの普及促進や消費の活性化、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的として総務省が主導する事業。2020年9月1日から2021年3月31日の期間中、登録したキャッシュレス決済サービスを用いてチャージ/購入を行うと、最大5,000円を上限に利用額の25%が付与される。

利用にはマイナンバーカードが必要。パソコンやスマートフォンからマイキープラットフォームでマイキーIDを発行し、Kyashなどマイナポイントの還元を受けるキャッシュレス決済サービスを1つだけ設定することで登録を行える。

マイナポイントの受取サービスにKyashを登録するには、アプリ内で確認できるKyash IDの「決済サービスID」、登録した電話番号の「セキュリティコード1」、アプリ内に表示されるランダムな半角英数字6桁の「セキュリティコード2」が必要となる。登録が完了すると、9月1日~翌年3月31日までに行ったチャージで、上限5,000円分のマイナポイントがKyashポイント(残高)として付与される。

Kyashの他にも各種キャッシュレス決済サービスが多数マイナポイントに対応しており、総務省特設サイトで確認できる。

ジャンルで探す