iPhone SEで目指せ動画クリエイター! Adobe Premiere Rushに初挑戦

誰でも簡単にスマホで動画を撮って編集製作までできる今、YouTubeなどに公開したり、動画による表現を活かしたVlog(ビデオ ブログ)も注目されています。

この春から多くの芸能人やスポーツ選手が動画コンテンツを発信していることも話題を呼んでいます。今後は企業が新しい製品やサービスを発表したり、コミュニティサービスでユーザーとつながりを持つための手段として動画が使われる機会も増えそうです。ビジネスパーソンにも動画の表現手法を活かしたプレゼンテーションと、その製作スキルが求められるようになるかもしれません。

動画づくりは苦手だった筆者も、小型で高性能な新iPhone SEを買ったことをきっかけに何か新しいことを始めたいと考えて、今回はモバイル端末での利用に最適化したアドビのビデオ編集アプリ「Adobe Premiere Rush」で、動画編集に挑戦してみました。
差がつく動画を作れるAdobe Premiere Rush

Adobe Premiere Rushは、アドビシステムズが2018年10月にリリースしたビデオ編集アプリです。現在はmacOSとWindows、モバイルはiOSとAndroidに対応するアプリが提供されています。筆者が使っている個人版は月額980円のサブスクリプション型サービスです。

iOS版のAdobe Premiere Rushアプリ(以下:Rushアプリ)はiPhone 7以降、A9チップ以上のiPadにiOS 12以上をインストールしたシステムを快適に使える環境として推奨しています。新しいiPhone SEはiOS 13.4と、上位のiPhone 11シリーズにも搭載されているA13 Bionicチップを搭載する最先端の端末なので、Rushアプリがスムーズに動作します。

無料で登録できるAdobe Creative Cloudのメンバーシップにエントリーすると、Rushアプリの無料スタータープランが試せます。有料プランに移行しないと、アプリから作成した「プロジェクト=作品」を3回までしか書き出し(保存)できません。あくまで無料のお試しプランではありますが、Rushアプリで自分のやりたかったことができるのか、使い勝手の良し悪しを確かめることは十分にできると思います。

なおPCでビデオ編集アプリ「Adobe Premiere Pro」を購入している方は、Rushアプリも契約プラン内で利用できるアイテムなので、ぜひiPhoneなどスマホで使ってみることをおすすめします。
充実したカメラ機能で素材を撮影できる

Rushアプリの特徴は充実したカメラ機能を搭載しているところにあります。

Rushアプリを立ち上げると、最初に作成したプロジェクトが並ぶ「マイプロジェクト」の画面が立ち上がります。新規にプロジェクトをつくる場合は「+」アイコンをタップ。「メディアを追加」を選択すると、iPhoneのカメラロールに保存されている動画や写真を選択する画面に移ります。

解像度は480pから最大4Kまで、フレームレートも通常撮影の24 / 30 / 60fpsから、スローモーション再生が楽しめる120 / 240fpsのハイフレームレート撮影まで選べます。iPhoneのディスプレイにプレビューを表示しながら、ISO感度やシャッタースピード、露光量、ホワイトバランスなど細かな値も好みに合わせられる「プロ」モードを選ぶと、撮影前に狙いの画作りにとことん追い込めます。

iPhone SEのカメラは特別こだわらずともきれいな動画や写真が撮れるので、カメラのことにあまり詳しくないかたは「自動」モードに設定して、深く考えずに素材を撮りためれば良いと思います。後から動画を編集するタイミングで色を変えたり、エフェクトを加えることもできるからです。

スマホのタッチ操作を活かして編集

プロジェクトのタイムライン画面は上部にプレビューウィンドウが表示され、その下に映像や音声のトラックが並びます。ひとつのプロジェクトには動画・音声を含めて最大7つのトラックを追加でき、映像のクリップを分割して前後を入れ替えたり、スマホの画面タッチ操作を活かした直感的な動画編集が行えます。

今年(2020年)2月にRushアプリの機能アップデートが実施され、ビデオクリップからオーディオを切り離す機能が加わりました。クリップを長押しで選択すると表示されるメニューから「オーディオを分離」を選択します。例えばビデオを分割して、間に文字で解説を書いたパネルの静止画を表しながら、音声によるコメントは流し続けるといった少し高度な編集もできます。

タイムラインの下に並ぶメニューからタイトルや場面転換の際のトランジション効果などが加えられます。「タイトル」とは字幕のことです。シンプルなテキストだけのタイトルや、プロジェクトの先頭に置いて華やかなオープニングタイトルっぽくできるアニメーション付きのタイトルスタイルがテンプレートとして用意されています。「Adobe Stock」から様々な素材を無料でダウンロードして、商用も含めて様々な用途の動画に利用できるところがRushアプリの魅力でもあります。

メニューに並ぶ「カラー」を選択すると、クリップ単位で映像の色や明るさ、シャープネスなど編集時点でわいてきたイメージを映像に細かく反映させることができます。

フォント設定やサウンド追加、ノイズ除去機能も

Rushアプリには、まわりとひと味違う“差が付く動画”が簡単に手間なく作れる機能が揃っています。

例えばタイトルに使う「フォント」は、世界のフォントメーカーがアドビに提供する数百種類のフォントから選べます。タイトルの「フォント」から「Adobe Fonts追加」を選んで、リストの中から任意のフォントを追加料金なしでダウンロードできます。文字はサイズを変えたり、塗りつぶしの色やアウトライン(縁取り)の設定、文字間・行間調整にも対応しています。

動画の中に静止画も入れられます。例えば動画の中で話題に触れた、人物や製品を静止画で挿入すると情報量が増やせます。

撮影済みの動画の背景に、消したい騒音やBGMまで収録されている場合は「オーディオ」の中にある「ノイズを除去」機能が便利です。反対に動画の中で話をしている人物の声を強調できる「スピーチ強調」の機能もあります。

背景に音楽を流すだけで、見ていて楽しい動画に仕上がる場合もあります。Rushアプリには著作権フリーの「Rushサウンドトラック」が33種類収録されています。タイムラインの画面下にある「+」アイコンをタップして、「メディア」から「Rushサウンドトラック」を選びます。

サウンドトラックを重ねて、動画の中で話している人の声が聞きづらくなってしまったら、サウンドトラックを選択してから「オーディオ」メニューの中にある「自動ダッキング」をオンにします。AIを活用したアドビの予測インテリジェンス機能「Adobe Sensei」と機械学習の技術により、人の声とBGMの音量バランスを自動的に調整してくれる機能です。

この機能では、人が話し始めるとBGMが静かになって、話し終わると再びBGMがしっかり聞こえるようになります。自分で録音したサウンドトラックを読み込んだ場合も、Adobe Senseiが人の声か、または音楽かを自動で分類してダッキング処理の対象としてくれます。

保存は16対9から正方形まで書き出せる

プロジェクトの編集が完了したら、書き出す前に動画のアスペクト比を調整しおきます。

Rushアプリは画角16対9の映像を縦横に向きを変える処理だけでなく、タテが少し長い4対5、またはInstagramやFacebookなどで見かけることが多くなってきた、縦横比1対1の正方形動画に、元の動画ファイルから瞬時に変更ができます。動画の中に配置したタイトルや静止画もバランスを崩さずに、いい感じ選んだアスペクト比の動画の中に収めてくれるのでとても便利です。ひとつの動画からYouTube用、Instagram用の動画を素速く分けて書き出すこともできます。

書き出し時には画質設定をオートに合わせるか、または720p、1080pが選べます。最終的なファイルサイズの目安もプレビューが出るので安心です。

画質を自動=1080pにして約3分の動画を書き出してみると、iPhone SEで約1分8秒かかりました。動画ファイルのコーデックはH.264 / MPEG-4 AVC。iPhoneのカメラロールにMP4形式のファイルが保存されます。iPhoneの場合はそのままYouTube / Facebook / Instagram / TikTokとアドビのBehanceに投稿もできます。

iPhone / iPad / Macをまたいだ動画編集もOK

新しいiPhone SEとRushアプリによる動画制作は、全般にとてもスムーズにできました。ただやはりディスプレイのサイズが約4.7インチと小さいので、タイムラインの画面でトラックを選択したり、テキストの編集作業は少しやりづらく感じる場面もあります。

Rushアプリは1つのユーザー契約につき2台のマシンにインストールしてライセンス認証(ログイン)ができます。一度にアプリを立ち上げられるマシンは1台までとなりますが、アプリで作成したプロジェクトは同期設定を有効にしてAdobe Creative Cloudに保存すれば、ユーザーのアカウントにログインしている端末から常に最新のファイルにアクセスができます。このプラットフォームを活かして、例えばiPhoneで動画をざっくりと撮影・編集しておき、細かな仕上げはiPad ProやMacBookで整えるというワークフローもおすすめできます。

今回筆者はRushアプリを使って、オーディオ機器をハンドリングしながらワンポイント機能を解説する動画を初めて作ってみました。Rushアプリの使い方の手引きはアドビのホームページにマニュアルも公開されています。

さまざまな機能が使いこなせるようになると、これで月額980円ならかなりお得なビデオ編集アプリであることが実感を伴ってくると思います。まずは簡単な動画を作るところから第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

ジャンルで探す