三脚にもなるワイヤレス接続の手持ち撮影グリップ「GP-VPT2BT」

ソニーは1月15日、ミラーレスやレンズ一体型カメラで使えるBluetooth接続のワイヤレスシューティンググリップ「GP-VPT2BT」を発表した。歩きながらの動画撮影を楽しみたい人に向けたグリップで、手元のボタンで撮影やズームなどの操作が可能になる。脚を開けば小型三脚としても使える。ミラーレスカメラでVlogなどの動画撮影を楽しみたいと考える人に売り込む。

希望小売価格は税別12,560円で、発売日は1月31日の予定。

Bluetoothでワイヤレス接続できるシューティンググリップ。ケーブル接続が不要なので、カメラを回転させてもケーブルが巻き付くことなく使える。カメラの端子カバーを開けずに接続できるので、カメラの防塵防滴性能を保ったまま撮影できる(GP-VPT2BTも防塵防滴構造となっている)。

本体に写真や動画の撮影ボタン、ズームボタン、カスタムボタンを搭載しており、カメラ本体に触ることなくグリップを保持した手で撮影やズームなどの操作が可能。カメラから取り外せば、ワイヤレスリモコンとしても使える。

雲台は90度ごとに固定できる回転機能を備えるほか、10度ごとに調整できるチルト機構も搭載する。搭載できるカメラ+レンズの総重量は1.5kgまで。

対応カメラは、α9 II、α9、α7R IV、α7R III、α7 III、α6600、α6400、α6100、RX100 VII、RX0 II(各機種とも最新ファームウエアが必要)。

電源はコイン電池(CR2032)で、電池寿命は通常の利用で約1年。本体の高さは約172mm、重さは約215g。

ジャンルで探す